有田秀穂先生の本「呼吸を変えればうつは治る」の要約

有田秀穂先生の本の要約です。

松果体から、セロトニン、メラトニンが出る

(メラトニンはセロトニンの変化型)

自律神経を整えるとセロトニンが出る
そのためには、

リズム感のあることをすると良い。

歩行、咀嚼、呼吸 など

朝日光を浴びながら、歩きながら、ガム噛みながら、
鼻から長い呼気でスースー呼吸したら完璧だね。

根性で呼吸法は続かない。

呼吸法の成果をすぐに確認できる方法は

呼吸に腹筋を使っていることを実感するために筋電図

脳がリラックスしている事を確認するために脳波計

思考が冴えている事を確認するために心理IQテスト

をすると、科学的、数値で呼吸法の成果を確認できるので
長続きする。

血液検査をして、セロトニンが出ていることを確認
コルチゾールがへっていることを確認
自律神経がととのっていることを確認

快感を目標にすると際限がない。

お金稼ぎなどは、どんどん目標が達成できるので、快感を得やすいが、結局、依存症、中毒になってしまう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする