ワードプレスデータベース誤削除からのSQLインポートで復旧した件

このブログ、1時から20時半まで、みれなくなってました。今日のお昼に、自分のワードプレスのデータベースを自分で削除してしまいました。

データベース 復旧 Xサーバー

検索キーワード
【データベース 復旧 Xサーバー】

で、出てきたサイトがこれ
http://tabibitojin.com/database-restore-xserver/
めちゃめちゃ、詳しい・・。

それで、Xサーバーに、SQLのバックアップを5400円で送ってもらい、
サーバーに、データベースを作って、そのSQLをインポートすれば、完成”するはずだった・・”。
ここまで4時間

しかし、もらった、バックアップSQLデータが、インポートできずに、そこから苦戦

データベース SQL インポートできない 500

検索キーワード
【データベース SQL インポートできない 500】
で、出てきたサイトを参照
http://techmemo.biz/web-cheat-sheet/bigdump/

https://pct.unifas.net/server/2538/

参照サイトによると、エックスサーバーでインポートできるデータベースの最大容量は200MBくらいらしいんだけど。

僕の場合は、GZで圧縮されてる状態で3メガ、解凍した状態でも、22メガでした。それでも、インポートできない事ってあるんだね。

bigdump.php って、言うのを使って、データベースにインポート できるらしい。

SQLは解凍した生データをつかわなきゃだめらしい。なので、GZを解凍できるソフトを探そう

GZファイル 解凍

 
GZに圧縮された、SQLを解凍するために

検索キーワード
【GZファイル 解凍】

使ったソフト
http://www.vector.co.jp/download/file/win95/util/fh650511.html

SQL.GZ って圧縮されてるのを lhaplus ってので、解凍できた。

lhaca デラックスってのでは、解凍できなかった・・。なにがデラックスだ!マツコデラックスみたいな名前しやがって!

で、サーバーに、bigdump.php とSQLの生データを、同じファイルにおいて、ブラウザでアクセスして、スタートボタンを押す。

結果から言うと、ここで、ブログが復旧しました。ここまで4時間

計8時間、1日がかりでした。

結論。

SQLを削除するときは、バックアップをとってからにしよう~。