2017/01/26

新型認知症。散歩と川柳。9/1たけしのみんなの家庭の医学

 

この記事を書いている人 - WRITER -

9/1の、たけしのみんなの家庭の医学を見ました。

【最近増えてきている“新型認知症”とは?】

名医が警鐘をならす新しいタイプの認知症があった!「年をとれば誰でも物忘れがある」と軽く考えていたが、実はそれは、新型認知症だった…という話でしたね。寿司屋のご夫婦の例は、ご主人が、仕事やめて、ショボーンって、なっちゃって、うつ病になってしまったということでした。周囲の人が異変に早く気付けば完治できるそうです。

アルツハイマー型認知症とちがい、早期発見すれば、新型認知症は、完治が可能ということでした。

新型認知症

環境が変わったことにより、ストレスがかかり、前頭葉の血流が悪くなり、物忘れが増えてくるということでしたね。特徴的な症状は、集中力や記憶力が衰えてくるということでした。改善方法は、30分の散歩をしながら、川柳を考えるのがいいそうです。

で、2週間、30分の散歩と川柳をして、脳の血流をくらべてました。

血流がわるいビフォー
76

血流がよくなったアフター
93

ビフォーとアフターの比較
65

ということで、たった30分だけ、散歩しながら、川柳を考えるだけで、認知症が治るという内容でしたね。

新型認知症の治し方

他の番組でも、新型認知症や、普通の認知症を治す方法が紹介されていて、以前は、沢田亜矢子さんが、軽度認知症で、その認知症の改善のためには、血流をふやすために、スクワットをするのがいいって、やってましたよね。ちょっとだけ自分の限界を超えるくらいの負荷をかけたスクワットをするのがいいって、ことでした。

2月9日放送の『私の何がイケないの』って番組で、沢田亜矢子が認知症を解消したって放送でした。↓↓↓の記事に書きました。

沢田亜矢子さんが本山式筋トレとイチョウの葉で2週間で認知症を改善

下の動画は、アルツハイマーと認知症の解消法として、運動を取り入れていますよ。って紹介動画なのですが、アメリカでは、ちょっと年配の方でも、普通のトレーニングジムで、普通のメニューをこなすことが、脳の活性化に有効だと考えられているようです。

速読術で認知症を治した

あとは、速読術。本を早く読むのも、脳のはたらきを活性化するので、いいって言われていますよね。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© fujitamario.com , 2015 All Rights Reserved.