膝をゆるめるために重要な筋肉

膝をゆるめるために重要な筋肉。4パートにわけて考える

膝をゆるめるために重要な筋肉

前側の上の足
前側の下の足

後ろ側の上の足
後ろ側の下の足

大腿直筋は骨盤からでてきて、膝のお皿、膝蓋骨につながって、脛骨につながっております。

その一枚下に
外側広筋
中間広筋
内側広筋
の3本はいっております。

この3本と、大腿直筋とあわせて、大腿四頭筋です。

後ろ側の上の足
ハムストリングスといわれている筋肉
大腿二頭筋。長頭、短頭で、2本で、大腿二頭筋です。
内側には、半膜様筋、半腱様筋の2本。この4本が、ももの後ろ側にはいっています。

なぜ、
大腿四頭筋が膝の症状でいちばん大事なのか?

足が固くなってくるので、膝がまげられなくなるからです。

ここをほぐせば、膝がいちばんよくなります!

上の筋肉の一覧

大腿四頭筋の図

medically accurate illustration of the rectus femoris

まず、なんと言っても大腿四頭筋ですね!

これが、膝の痛みの70%の原因になっていると考えてください。

大腿四頭筋って、なまえの通り、4本の筋肉のことをさしているんです。

大腿直筋 が表面の筋肉
その内側に

外側広筋
中間広筋
内側広筋

が、あります。

しかも、真ん中の赤くひょうじされている筋肉、大腿直筋といいます。これが、この4本の中でもメインに膝の原因です。

大腿四頭筋が一番大事です。

ふとももの前側に4本入っているので、四頭筋です。

その中でも一番大事なのが、大腿直筋です

ハムストリングスの図

the semitendinosus

medically accurate illustration of the semitendinosus

これが、裏腿の筋肉の図です。裏腿の全体をさして、ハムストリングスと言います。俗称、一般名詞で

正確には、

内側に、半腱様筋、半膜様筋、
外側に、大腿二頭筋、長頭、短頭

の4本の筋肉がはいっています。これが、ももの裏側の筋肉です。

これは、膝の痛みの10%くらいと考えてください。

下の筋肉の一覧

腓腹筋

3d rendered medically accurate illustration of the gastrocnemius

これがようするにふくらはぎの筋肉です。

足がつったり、こむら返りする時の筋肉ですね!

膝がいたくなる人は、足がつりやすくなります。ここもほぐしていきましょう!

ヒラメ筋

medically accurate illustration of the soleus

soleus って 舌平目シタビラメsole に似てるから、soleus なんですね!

前脛骨筋の図

medically accurate illustration of the tibialis anterior

前脛骨筋というのは、読んで字の通り、スネの前側についている筋肉のことです。

これを、ぜんぶほぐしていけば、膝が完治しますよ!!

次の記事を見る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする