腸内フローラ特集。腸内細菌で腸内環境を育てる。

2470

今日は、3月3日(火)放送のたけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学をみてしまいました。ちょっと食べただけで太る人、いくら食べても太らない人。で、一体何が違うのか?という特集で、人間の体の中の細菌環境の腸内フローラが、太りやすい体質に関係ある。という内容でしたね。

腸内の細菌バランスが崩れていると、太りやすい身体を作る原因になるそうです。太りやすい派の島崎さん、便秘やばすぎでしょう。1週間で3回しか、うんちでないってまずいですよね。ちなみに、ぼくは、一日二回、うんこでますよ。ささやかな、ぼくの自慢です(笑)。

腸内細菌は、人間の体なら100兆個以上もいるそうです。ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌や、大腸菌などの悪玉菌と、その時の状況によって、善玉菌になったり、悪玉菌になったりする、日和見菌などがいて、

善玉菌2:悪玉菌1:その他の日和見菌7:が、菌の理想的なバランス。あと体の中に腸内細菌が1kgもいるってすごいですね、あと便の半分は、腸内細菌の死骸ってほんとですか?わらっちゃいますね。

高脂肪食と、運動不足が、悪玉菌がふえる原因で、肉のあぶらみなどが、悪玉菌が好き、お肉の霜降り肉が一番わるい。

赤ちゃんの便のほとんどは、善玉菌、おじさんの便がくさい(笑)のは、悪玉菌が多い証拠だが、バランスよく悪玉菌もいることが重要。

腸内フローラと花粉症の関係

2469

ヨーグルトや食物繊維などをたくさんとっていて、腸内細菌がたくさん働いていて、腸内フローラがはたらいていると、免疫系がうまくはたらくようになる。

アレルギー
がん
うつ病

などの病気と関係があるといわれている。

便移植

健康な人の便を100gくらいもらってきて、100CCの水でといて、調子がわるい人に入れるといいそうです。まじうけますね。ぜひ、やってもらいたい。

ミツコおばあちゃん

ipp

ミツコおばあちゃんが、100歳で、元気だから、腸美人ということで、取材されて、特集されてましたけど、ミツコおばあちゃんひとりだけじゃ、ほんとに、その理由で、腸が元気になってるかどうかわかりませんよね。

まとめると、肉などいろいろな食材を食べて、昼寝をして、手先を動かして、脳みそを使うってことで、3点まとめでした。

『手先をつかっているから、腸内細菌環境が、活性化している』ってのは、多少、結論付けとして、乱暴な気がしましたけどねーー(笑)。

ipp

どっちかといえば、100歳で健康な片でも、介護施設にいる方よりも、自分でうごいて、はたらける、日野原重明先生みたいな100歳のかたの腸内環境をしらべていただけたら、うれしいですね^^

hinoharashigeaki

「腸内フローラ」とは

フローラとは、ラテン語で「お花畑」という意味で、「腸内フローラ」の正体は、小腸や大腸に生息している、多種多様な細菌群がつくる、細菌叢を腸内フローラとよんでいます。腸内細菌のバランスを良くするために、腸内細菌のバランスが特に優れた方の生活に密着してみると、

やっぱり、生活習慣が違うようですね。「ちょっと食べただけですぐ太ってしまうんです」と悩んでいる方は、清涼飲料水などを多くとったり、食物繊維がたりないなどの原因がある場合がおおいですね。いまいちど、腸内環境を見なおしてみてはいかがでしょうか?

この太らない身体を作る秘密であり、番組で健康長寿のカギ【腸内フローラ】を作るには

有益な腸内細菌である乳酸菌である

・コンクビオゼニン(フェカリス菌)
・ラクトミン(アシドフィルス菌)
・ビフィズス菌

が配合されているサプリなどが、有力な候補ですね。

関連記事:以前は、ためしてガッテンで腸内フローラ特集をやる予定だったのに、NHKスペシャルに、移動されたみたいでした

nhkスペシャル【腸内フローラ】腸内細菌。イノッチも便微生物移植するのか?

2月22日の今日のnhkスペシャルは「腸内フローラ」でしたね。そういえば、次週予告の”ためしてガッテン”で、水曜日に腸内フローラの特集をやると予告していたから、あれ?今日ってためしてガッテンの日だっけ?なんて思ってしまいましたが、NHKスペシャルでも、腸内フローラの特集してたんですね。

今日の腸内フローラの特集。癌や美容、難病が腸内の細菌を入れ替えただけで改善したという事例を紹介していました。腸内フローラの働きは、とにかくすごくて、肥満も糖尿病もしわもうつも解決してくれる。そしてその腸内フローラは人間が、その人に適切な細菌を選んで作っている。という内容でした。

腸内フローラ 腸内細菌

腸内フローラとは、腸内にすみついている細菌が、花を咲かせていて、(実際はどうだかわからないが)お花畑のように見えるところから、腸内フローラ(お花畑)と言われています。僕が、初めて、この名前を聞いたのは、新宿のケンビクリニックでした。

腸内フローラ 便微生物移植

そのケンビクリニックでは、最新の医療治療として、他人の大腸などにやどる細菌を移植して、足りない腸内の細菌を補うということが行われているようでした。人のうんちの菌を入れるみたいで、ちょっと抵抗がありますね。これは、ぼくの勘違いなんでしょうか?

活発なマウスの腸内フローラを臆病なマウスに、臆病なマウスの腸内フローラを活発なマウスに移植したら、性格が入れ替わった。コミュニケーション能力にも腸内フローラが影響している。マウスの積極/臆病の性格、コミュニケーション能力は、遺伝子ではなく腸内フローラ。腸内の細菌群で決まる。

細菌を交換すると性格が変わる。と言うことは、ぼくの腸内の細菌にも、社交的な人の細菌をいれてほしいものです(笑)

腸内フローラ イノッチ

NHKスペシャルの司会がイノッチだったので、有働アナとセットであさいちじゃないのか?って言ってる人いましたね。イノッチはすっかりNHKの顔になりましたね。

そうですね。糖質制限が細菌の健康のメジャー主流になっていて、白ご飯さえ、控えようなんて、話もでてるのに、コカコーラなんて、飲んだ日には、メチャメチャな事になっちゃいますね。(笑)

【動画】NHKスペシャル腸内フローラと太りにくい体質と肥満の関係は?

腸内フローラとは

ヒトの腸管内では多種・多様な細菌が絶えず増殖を続けています。これらは腸内細菌と呼ばれ、個々の菌が集まって複雑な微生物生態系を構築しています。この微生物群集を「腸内フローラ」といいます。

腸内フローラ 太りにくい

私たちのおなかの中には、たくさんの細菌が住みついています。腸内細菌と言えば、「善玉菌」「悪玉菌」という言葉が思い浮かぶかもしれませんが、腸の中には実に100兆匹以上、数百種類もの細菌が住んでいて、その細菌の出す物質が、私達の美容や健康に様々な影響を及ぼしていることが分かってきました。

お肌の調子が良くない、ダイエットの成果がなかなかでない・・・そんな時、あなたのお腹にいる“腸内フローラ”が影響しているかもしれません。

腸内フローラと肥満

いろいろダイエットをしているのに、なかなか痩せないと悩んでいる方。もしかしたら腸内細菌叢に問題があるかもしれませんよ。腸内細菌叢は、アレルギーや皮膚疾患、脳、神経系疾患など、さまざまな疾患に大きな影響があることが明らかになってきましたが、何と言っても、肥満との関係が注目されています。

腸内フローラ 太らない

あなたの身の回りに「ヤセの大食い」な人はいませんか?なんでそんなに食べても太らないのか?その人が太らない理由の1つが痩せる腸内細菌の存在でした。この細菌を増やすダイエットこそが「腸内細菌ダイエット」なのです。痩せる腸内細菌を増やすことによって、カロリーの吸収を抑える効果があります。

さらに腸内にある便からの余分なカロリーの吸収も抑えます。また体脂肪減少にもこの細菌が関わっているんだそうです。

腸内フローラ 痩せ

では逆に、太りたくても太れない、痩せ型の人にも腸内フローラは関係しているのでしょうか?実際、マウスに、人間肥満の人と痩せた人の腸内細菌を移植して実験したものがあるようです。肥満の人の方のマウスは、太り、痩せた人の方のマウスは、痩せたのです。 この実験は、何度繰り返しても、同じ結果との事です。

NHKスペシャル 腸内フローラ 再放送

NHKスペシャル 腸内フローラ 解明!驚異の細菌パワー が2月22日 放送され、話題になっていますね。『NHKスペシャル 腸内フローラ特集』の動画もYoutubeに出ていましたが、当然ですが、削除されていました。

この腸内フローラの番組は好評だったようで、再放送もすでに予定されています。2015年2月26日(木)午前0時40分から1時29分(25日の深夜です)もし見逃していたらぜひどうぞ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする