猫の保護費用、寄付のおねがい。人の好意に甘えたいのです。

こちらの記事で猫の保護の話しを書きました。

この記事では、ねこの保護って、結構お金かかるんだな。って話しになります。

ざっくり言うと、20万くらいかかっちゃいました。払える金額ではあるのですが、とはいえとはいえ、まあまあいい金額ですよね。

今日は、わたくし藤田は、人の好意に甘えたい気分なのです。

普段、超有料級の体操動画を無料で公開しておりますので、体操で、すこしでも、『体の調子がよくなったよ!!』って方は

お気持ちを寄付していただけると嬉しいです。お気持ちとはいいつつ、1000円からいただけるとありがたいです。よろしくお願いします!

↓にNPOさんからもらった受領書の内訳をコピペしておきますね。

◆受領済みの費用

①6月12日受領分
・避妊手術(母猫)5400円
・去勢手術(父猫)5400円
・猫エイズ白血病検査(母猫)4320円
・3種混合ワクチン(子猫4頭)8640円
・飼育管理費(子猫4頭)14日/1日500円 7000円(1ケージ分)
・6/12送迎交通費 2000円
・6/12,6/13病院搬送費 4000円
・6・12捕獲費 3000円

合計 ¥39,760-

②6月15日受領分
・子猫猫エイズ白血病抗体検査(5頭分)21,600円
・PCR検査(エイズ抗原検査)5頭分 48,600円

合計¥70,200-

6月30日受領分
・送迎費(三毛子猫)6/13分 2,000円
・病院搬送費(子猫5頭検査) 2,000円
・飼育管理費(母ネコ)6/13~6/30(16日間) 8,000円
・飼育管理費(父ネコ)6/13~6/30(16日間) 8,000円
・飼育管理費(エイズ陽性子猫2頭)6/12~7/30(49日)24,500円
  ↑ 
7/26(木)去勢手術実施予定
7/30(月)子猫2頭を藤田様宅へお返しする予定です。
※7/30までエイズ陽性の子猫の里親募集を続けますが、
譲渡できなかった場合に、藤田様に子猫をお返しします。
譲渡となった場合には、残りの期間の飼育管理費を返金いたします。
・子猫オス3頭 去勢手術 16,200円(1頭5400円)
・子猫メス2頭 避妊手術 23,760円(1頭11,880円)
↑野良猫の場合は5,400円ですが、譲渡対象の子は通常価格となります。

合計¥84,460-

全部の合計

¥194,420

寄付先

ゆうちょ口座。記号10390 番号56714121 口座名義 フジタマリオ 
ジャパンネット銀行。本店営業部 001 普通口座 口座番号 3414474 フジタマリオ

すみませんが、こちらに、ご自身のお体がすっきりしたお気持ちを振り込んでくださいませ。

こちらの記事で保護した猫ちゃんたちの画像が見られます。

保護した子猫ちゃんを、里親さんとして、猫を迎えてくれる場合は、NPOシリウスさんまでお問い合わせいただけますでしょうか↓

埼玉県さいたま市見沼区大谷780番地のNPOシリウスの猫カフェ、ティアハイムさいたまさんにて、預かっていただいております。よろしくお願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 中本眞砂子 より:

    藤田先生、いつもありがとうございます!
    初めてのメールです。1年半ほど前からメールを拝見しています。
    その時は股関節痛でネットの検索で辿りつけました。体操は直後から痛みが取れるのを実感しました。その後、半年ほどで全く痛まなくなりました。本当にありがとうございます。今は主人がギックリ腰で一緒に毎日7つの体操をしています。

    テニスも思い切りできるようになり喜んでいたところ、張り切りすぎて、右手首を痛めてしまいました。TFCC損傷の疑いがあるといわれました。
    先生のサイトでは探せなかったのですが、何か良い体操があれば、お教えください。

    猫ちゃんの保護、本当にご苦労様です。
    お礼の気持ちを込めて、10000円寄付させてください。