糖質と脂肪を取りたい本能。餓死の話

【人間は本能に逆らえない】
今日2個めのどうでもいい話。やっぱ人間って、むかしは一番の危険は餓死でしょう。動物はつねに餓死の危険と戦っているからね。

で、餓死しないいちばんの対策はハイカロリーな食べ物をゲットすること。ハイカロリーフードをゲットすれば当分、1週間くらいは餓死しない。

で、ハイカロリー食べ物の代表といえば、糖分と脂肪分でしょう。だから、動物である以上、糖分と脂肪分を欲しがるのは本能。

だから、糖質制限系の人が、糖質はいっさいとらなくてもケトン体とかで補えるっていうんだけど、栄養的にはそうかもしれないけど、でも本能的には求めてるでしょう。

人類も、芋の栽培を発明するまでは餓死の歴史だったと思うよ。効率的に芋をとれるようになって、
糖分摂取して効率的に生き残れるようになって、餓死しないですんで頭を使う時間ができて、脳が進化してきた。

糖質=人類の進化

な面があるよね。

でも、進化した現代人類になっても糖質をもとめる本能をストップすることができないから、現代病になっちゃってるんでしょ。

日本料理なんかは特に砂糖つかってるし。日本料理がダメっていってるんじゃないですよ。日本食には砂糖使う料理が多いのは本能に忠実だからってことです。『日本食って甘いよね!』って外人に言われて、考えてみたら、そうかもね!って思ったんです。天丼、カツ丼、めんつゆ、焼き肉のタレ。とか食材の裏の原料表示に砂糖はいってない食べ物を探すほうがむずかしいでしょ?

あとケーキもいいと思うんです。ケーキは甘い糖分の王様っておもわれてるけど、ケーキって作ること自体に手間がかかってるでしょ?食べるときは、ある程度特別なタイミングで食べると思います。誰かとたべたり、紅茶を入れたりして、わざわざケーキを食べる時間をつくって食べると思います。

で、ここまではいいんです。

いちばん問題なのは、清涼飲料水ですね。コーラとかです。水に砂糖を溶いたものだから、めちゃめちゃ吸収いいじゃないですか?で、歩きながら、映画、テレビ見ながら、仕事しながらのんだりするでしょ。
あと、極悪なのがポカリスエットとかアクエリアスとかのスポーツ飲料ですよね。コーラなみに砂糖はいってるのに、なんかスポーツでさわやかで体にいい!みたいなイメージじゃないですか?ダメでしょ?

コーラとかアクエリアス、ポカリスエット飲むために、「じゃあ今日、ジュース飲もうよ!」って友達とわざわざ時間とって飲んだりしないでしょ?

ケーキはケーキ屋さんが人間の手でつくってて、買うのもケーキ屋じゃないと買えないし、ケーキ食べながら、あるいたり、映画みたり、仕事したり、スポーツしながら、ケーキ食べたりしないでしょ。

ジュースは無限につくれて無限に売れちゃいますからね。なにかをしながらジュース飲むってできちゃう。で、本能に基づいた商品だから、がんがん売れちゃう。

このLINE読んでる人は、ジュース飲まなそうだから「私はそんなにor 全くジュース飲みません」って思ってるだろうけど、日本レベルで考えて相当消費されてるからね。で、世界レベルで見たら莫大に消費されてる。

清涼飲料水、ジュースは、非合法化しないと、人類が滅亡しちゃうと思うよ。大麻とかよりも、ダメでしょ。これは。

というわけで、糖分=おいしい=本能 の話でした。 

結局、おいしい=糖分=本能 だから、果物、野菜なども、おいしいものをつくるために、品種改良、品種改良、で、めっちゃ糖度と糖分が高くなってるよね。とくに日本人は、真面目で器用で、熱心で職人気質だから、

「お客様に喜んでいただける、品質の高い作物をつくります!」って、農産物の糖度が、劇アゲアゲ!MAX↑↑↑ !! ですよ。

よくテレビで「今日はこだわりの農家さんに取材にきました!」
「このトマト食べてみてください!すごいんです」
「あまっーーーー!フルーツみたいや!」

っていうのやってるでしょ。

現実、いまトマトとか玉ねぎって、こだわり農家じゃなくても、普通のスーパーのでも、お菓子なみの糖度になってるしね。

【まとめ】
誤解、勘違いされないように書いておくと、今日の話は、だから、糖質制限して糖分控えましょう。って話じゃないですよ。
ぼくは、そういうこだわりないし、ストイックマンじゃないんで(笑)。

いかに、『人間は本能に逆らえない』生き物かがわかるでしょ?おもしろいよね?って、共感していただきたかったというお話でした!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする