赤道。黄道:太陽の通り道。白道:月の通り道

天球とは
地球から見た空を一つの球体とみなしたもの天球と呼ぶ。
太陽は1日に約1度ずつ移動する
太陽はこの天球を一年かけて一周するようにみえる。

赤道とは

地球という球体が回転している軸を北極、南極として軸からの上下の真ん中

地球のその軸は傾いている

黄道傾斜角 23.26度
赤道傾斜角 23.4度


太陽の日光は傾いてる状態であたる、赤道にびったりあたるわけではない。
https://rika-net.com/contents/cp0320d/contents/b1_03_03/02.html

黄道とは

天球上における太陽の見かけ上の通り道

黄道wiki

一年かけて太陽がゆっくりと星座間を移動する道を黄道という。

白道とは

天球上における月の見かけの通り道

月の軌道

白道は、黄道(太陽の通り道)周辺8度におさまる

さらに2週間ごとに黄道を横切る軌道を描く。白道は黄道に対して5度8分7秒傾いている。


https://information-station.xyz/17270.html

太陽系として星の位置を考えた場合

太陽系の惑星→太陽,水星,金星,地球, 火星,木星,土星,天王星,海王星 *冥王星は格下げ

とおっている軌道は、地球人から見た場合、水星、金星は、常に太陽の方向にあります、

火星,木星,土星,天王星,海王星は、地球人から見た場合、地球の背中側に回り込むことがあります。

普通に空を見上げる観察者として見る場合

地球の地面から空を見あげたときの、太陽と月、及び、その他の太陽系の惑星は、すべて同じラインの上で観察できます。時期によって見えない星がありますが。

黄道十二星座

太陽が一緒に天を周っているように見える星座

太陽が星座の中を通っていく12個の星座を黄道十二星座という。

1月20日には太陽は山羊座の中に位置している(実際には、太陽の光で山羊座は見えない)
2月20日には水瓶座の中に位置している
3月20日双魚宮(うお座) 魚座の中に位置して
4月21日金牛宮(おうし座)
5月22日双子宮(ふたご座)
6月21日巨蟹宮(かに座)
7月23日獅子宮(しし座)
8月23日処女宮(おとめ座)
9月24日天秤宮(てんびん座)
10月24日天蠍宮(さそり座)
11月22日人馬宮(いて座)
12月23日磨羯宮(やぎ座)
1月21日宝瓶宮(みずがめ座)

星占いと本当の太陽の位置

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加