孔子の言葉・知之者不如好之者、好之者不如楽之者


子曰、『知之者不如好之者、好之者不如楽之者』

孔子の言葉

『知之者は、不如(かなわず) 好き之者に。好き之者は、不如(かなわず) 楽しむ之者に。』

ものごとを

知識として知っているものは、それを好きでやってる人にはかなわない。

好きでやってる人は、それを楽しんでやっている人にはかなわない。

っていうのが、面白いですね。

「楽しむ者」っていうのは、英語学習に、カードとかでゲーム感覚を取り入れて、楽しく勉強してますってレベルじゃなくて

それを好きな人よりも、勝つ!っていってるんだから

まわりの人間が「おい!もう、いいかげん、やめろよ!」「いつまでやってるんだよ!」って言っても、

ずっとやってる人レベルのことでしょうね・・(笑)。それの中毒者みたいな熱中度、没頭具合の人のことを言ってるんでしょうね。

確かじゃないんだけど、ビヨンセとか、50セントだっけ?レコーディングしはじめると、集中しちゃって、2日間、飲まず食わずになってた。って話があって、そういうことでしょうね。

英語も、

知識として詰め込んでる人。

好きで趣味としてやっている人。

自分の快楽に直結してて楽しんでやっている人。

の順に、うまさがあがりますよね!。

英語自体の勉強が好きっていうのよりも、なにか、特別に大好きなものがあって、それに関する情報が英語で書かれている、英語で話されてる。だから、それを読まなきゃいけないってなると、上達しますよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加