腹式呼吸を”あえて”やってみよう

藤田は『なんでもかんでも、いついかなる時でも腹式呼吸しろ!』みたいな腹式呼吸原理主義者ではありません。

長時間、年がら年中って腹式呼吸じゃなきゃダメって思い込んでる人が多いですからね。

たまにやるくらいがいいんですよ!。

今回は”あえて”腹式呼吸もやってみましょう。

呼吸法は、腹式呼吸するなど、鼻から吸って口から吐く。短く吸って、長く吐く。古典的な方法で問題なし

新奇珍奇なことをしなくても良い。みんながすでに知ってるおなじみの方法で十分効果がある。

腹式呼吸,漸進的筋弛緩法,音楽鑑賞,アロマセラピーの4方法を実施して、どれが一番効果があるか?って計ったところ、腹式呼吸がいちばん簡単で効果があったよ!という論文です。

畿央大学 健康科学部理学療法学科 峯松 亮 教授の 論文

https://www.jstage.jst.go.jp/article/rika/25/2/25_2_251/_pdf/-char/ja

健康な大学生の女性を対象に、5分 間の呼吸法を実施して前後の脈拍,血 圧 を測定 した.脈拍の落ち着いて脳波がアルファ波が増えたよ。という内容の論文です。腹式呼吸は「ひとーつ」と唱えるベンソン式ですね。

群馬大学医学部保健学科 柳 奈津子先生の論文
https://www.jstage.jst.go.jp/article/kmj1997/53/1/53_1_29/_pdf/-char/ja

↑の論文を読むと、難しいことは考えなくていい。というのがわかりますね!。

腹式呼吸の動画

胸式呼吸と腹式呼吸の関係性はこちらの記事でもたっぷり書きましたので

もう一度御覧くださいね。

次の記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする