曲の構成→コード進行

曲の構成


画像引用元記事

リハーサルマーク
イントロ
Aメロ をVerse(ヴァース)、
Bメロ はBridge(ブリッジ)と呼びますね。
サビは chorusコーラス
ソロ 間奏 ギターソロ
アウトロ エンディング


画像と文章引用元記事

1曲における最小単位のメロディーを「モチーフ(動機)」と言います。
/
モチーフ2小節
モチーフは基本的に偶数小節からなります。2小節からなることが多い。
曲の最小単位。このモチーフが核になる。基本2小節からなるモチーフ。作曲家はこのモチーフをもとに曲を発展させる。
/
小楽節4小節
モチーフとモチーフがつながり4小節になったものを小楽節といいます。
/
大楽節8小節
さらにその小楽節が2つ繋がったものを大楽節と言います。モチーフが基本2小節からなるので、大楽節は8小節になる。
/
キックが「ドン、ドン」1,2,3,4 と数えて、「4拍で1小節」サビは8小節「8小節 x 4拍=32拍」
/
参考記事
/

コード進行

トニック(C)…トニック(1度和音)
最も安定したコード。コード進行はトニックで終わるのが基本的な形。
ドミナント(G)…ドミナント(5度和音)
不安定なコードであり、トニックへ進行しやすい性質を持つ。
サブドミナント(F)…サブドミナント(4度和音)
やや不安定なコード。ドミナントほどではないがトニックに進行しやすく、またドミナントへも進行しやすい性質を持つ。

コード進行:
|C F|G F|×4
|C G|F C|C G|F G|
|C G|F C|C F|G C|…
Cメジャーキーでは ” F→G→C ” という進行が基本

G→G→Cadd9→D

https://sakkyoku.info/beginner/structure-of-chords/
https://music-thcreate.com/strong-code/


画像引用元記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加