ダイエットドリンク「甘酒」の秘密

「飲む点滴」とも呼ばれる日本古来のエナジードリンク「あまざけ」

お正月ならではの飲みもの、それも、子供から大人まで楽しめる飲み物といえば、「甘酒(あまざけ)」ではないでしょうか?

「甘酒」・・・初詣などで神社に行った際、境内の出店でもよく見かけますよね~

あのトロッとして、ツブツブしててなんともいえずホッコリあたたまる冬ならではの飲み物「あまざけ」

甘酒のダイエット&美容効果

甘酒には、大量のブドウ糖が含まれています。

ビタミンB1、
ビタミンB2、
ビタミンB6、
葉酸、
食物繊維、
オリゴ糖、
システイン、
アルギニン、
グルタミンなどのアミノ酸、

これらの栄養が、栄養剤として使用される点滴とほぼ同じ内容であることから、「飲む点滴」と呼ばれる

ダイエット、美容的見地から見ると

・腸内環境を整え、便秘解消にも効果的な「植物性乳酸菌」
・脂肪代謝、燃焼を促す「ビタミンB群」
・美肌や保湿作用のある「コウジ酸」

などが、シミやくすみの原因となるメラニンの生成を抑制するなど女性に嬉しい栄養がたっぷりです。

*海外では甘酒が「日本のヨーグルト(Japanese Yogurt)」として販売される。

江戸時代、甘酒は夏の飲み物

甘酒、冬の寒い時期に、冷え防止・風邪予防のために温めて飲むのがメジャーですよね。

江戸時代には「夏バテ防止」の飲み物として幕府も推奨、

江戸時代にまでさかのぼると、実は甘酒は夏の飲み物で夏の風物詩。

俳句の世界でも「夏」の季語として用いられるものなんです。

栄養豊富な甘酒は、夏バテ防止や体力増進に効果がある飲み物として、夏には冷やしてお客さんにふるまわれた。

しかも、江戸幕府が庶民の健康を守るために、老若男女・職業問わず、誰でもが買い求められ、気軽に飲めるようにするため、甘酒の販売額の上限を設定した。

さらには、甘酒の流通を促進するため、武士の内職として「甘酒造り」が成されていたほど、庶民の健康を守る大メジャーなエナジードリンクだったんです。

江戸時代の「甘酒売り」

テレビ番組で「甘酒ダイエット」紹介

甘酒を利用したダイエットについてテレビで特集されました。

「痩せにくい」「太りやすい」と言われている40代・50代の女性でもすぐにやせられる。

この甘酒を使ったダイエット効果のスゴさ

甘酒ダイエットのルールはいたって簡単です。

「お腹が空いた時に、甘酒を1杯飲む」これだけです。日々の間食を甘酒に置き換えます。

40代の女性モニター

「お腹がすいたら甘酒を1杯飲む」にチャレンジ

甘酒と豆乳をまぜて飲み「甘酒ダイエット」を2週間敢行

豆乳には、植物ポリフェノールの一種、「イソフラボン」が豊富です。

このイソフラボンは、女性ホルモンのひとつエストロゲンとほぼ同じ働きをしてくれます。

以下の効果が期待できると言われています!
・美肌
・豊胸効果
・生理不順の改善
・乳がんの予防

2週間で体重-4.8kgに成功!

たった2週間で体重67.2kg→62.4kg。

体重4.8kg減量に成功しました。

50代の女性モニター

50代の女性モニターは体重-10kg・ウエスト-15cmに成功

甘酒ダイエットを2か月敢行すると

体重88.8kg→78.4kg。
体重10.2kgの減量に成功!

さらに、
ウエスト 98.5cm→83.5cm(-15cm)!
バスト 113.4cm→101cm(-12cm)!
ヒップ 112cm→105cm(-7cm) に!

痩せにくい・太りやすいと言われている40代50代にして、これだけの効果!これは驚きますよね! 

しかも、ダイエット法も「間食を甘酒1杯に置き換えるだけ」という手軽さ。

「なかなか痩せられなーい!」とお嘆きの方、まずは、日々の間食を甘酒に置き換えることからはじめてみませんか?

市販の甘酒にはお砂糖が含まれてるものも多いので、甘酒を選ぶ場合は、

「砂糖不使用」
「米麹のみでつくられたもの」
「アルコールなし」

米麹のみで作った甘酒にしましょう。

ヨーグルトやパンなどお好きな食べ物にトッピングにも最適です。

ダイエット目的はもちろん、健康面での不安もある方に、甘酒ダイエットおすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加