Matthew 13:13見ても見ず、聞いても聞かず、また悟らないから

目と耳が閉じてるパターン

まず最初に人間の性質。について簡単にご説明しますね。

人間って、自分の信じたいことしか、信じないし、自分の聞きたいことだけしか、耳に入らないようになってるんですよね。

ぼくのメルマガ読者さんでも、けっこう長いこと読んでても、腰痛、ヘルニア、坐骨神経痛などは、筋肉は関係ないって言ってるのに、いつまでたっても、『筋肉をつけないと、直らないんじゃないですか?』って言ってるんですよ。

まあ、ぼくとして「話聞いてないのかよ!」って思うんですけど、これは、人間の性質上仕方ないことなんです。

一回、お医者さんに言われた「◯◯症ですよ」「筋肉がないことが原因です」「筋肉をつければ治りますよ」っていう内容を、いっかい信じちゃったから、その催眠状態と洗脳状態がとけないんです。

だから、ぼくの、コンテンツを読んでも、動画を見て、

表面上
「◯◯症でも関係ないんですよ」
「筋肉多い少ないは関係ないんです」
「筋肉をつけようとしたら悪化するよ」

って言う言葉は、目で追って読んで、動画で耳には入ってる。読んで、聞いているけど、信じられないから、理解しない。理解できないから、そのままスルーになっちゃうんですよ。

『自分にとってあんまり関係ない情報だと思っている』からです。

でも、そういう状態にある人を、ぼくはせめることはできないのです。なぜなら、それが人間の性質だからね。催眠とか洗脳ってそういうものだからね!。

クイズに正解できなかった方は、まだこの状態です。この状態の方むけの教育をこれから、藤田がやっていこうと思っています。

で、今回は、あなたは正解しているので、こっち側ではないんですね。おめでとうございます。

今日、あなたは↓こっちがわです。

目と耳が開かれた方のパターン

そして、全問正解できたあなたは 目と耳が開かれた方のパターンです。

じっさいに治ってるかたは、『あー筋肉をつけようとすることは、間違いだったんだな。』って、言ってることが理解できたんです。

自分の常識は間違っていたって、催眠と洗脳状態から、ぬけれたんですね。だから、治れたわけです。

「◯◯症という名前は、医者業界の勝手命名で言ってること」
「筋肉がないことは原因とは関係ない」
「治るためには筋肉をつける必要がないんだ!休めることで治るんだ」

って、目と耳がひらいて、脳みそのなかのモヤモヤの霧が晴れたじょうたいです。

頭の中がフレッシュになったから、治るんですね。「◯◯に効く体操」をたくさんやったからじゃないです。

ブログやYoutubeで「◯◯に効く体操」ってのをぼくが出しているのは、そういう洗脳状態にある痛みに悩みかわいそうな人を、呼び込むための客引き情報、言ってみれば、うわべにわかりやすい、まちがっている世間と真実をつなぐ、橋かけ情報みたいなもんです。

そこから、ぼくのメルマガ読者になって、脳みそのリフレッシュさせて

初心者スタートポイントの「◯◯に効く体操を教えてください」っていう状態を脱却されて成長されていくから、

身体の不調を完治させることができるようになるのです。

そして完全完治にいたると・・・。そして治ったからゴルフや山登り、旅行などを再開できてるわけですね。

で、直ったからこそ、もう痛みに悩まされてないし、好きな運動が出来るようになって、筋肉をつけることができます。

筋肉もつくし、筋肉量もふやせるんですね。うごけるからね。

ここまで来て、みんなの大好きな話題である。筋肉つけて、筋肉ふやして、体幹きたえてっていう、楽しい話題を楽しめるようになるんですよね。

全問正解できたあなたは、このハッピーな、身体を動かせるって状態が、もうすぐゲットできるわけです。

昔の本からも引用します。

昔の本ちゅーのは、聖書なんですけど、新約は2000年前、イザヤ書は2800年前のものです。

ぼくのコンテンツを見てはいるけど、本当の意味では見てない。動画とかも見てはいるけど、言ってる言葉も聞こえてない。

この、読むけど、聞くけど、見るけど、脳みそにただしく浸透させることはできない人間の性質。ってのは、

新約聖書のマタイによる福音書 -13 :13~16 にも、そういうことが書いてあるんですね。

新約聖書での話題は、べつに身体を治す方法じゃないけど、ようするに説明しても、結局はほとんどの人には、新しい情報ってわかってもらえないんだよね!って話題について言ってるってポイントにおいて、

藤田情報を理解できる、理解できない。って出来事とすごく似ていると思っています。

まあ、何千年も前からかわらないんでしょうね!

この聖書にも書いてある、新しい情報は理解できない。っていう、人間の性質を、あなたは突破できたので、あたまがフレッシュになっており、柔らか脳をもっている、あなたはラッキーパーソンだと言えますね!!

引用して、ご紹介しておきますねー。

新約聖書のマタイによる福音書 -13 :13~16

13 だから、彼らには例えで語るのである。それは彼らが、見ても見ず、聞いても聞かず、また悟らないからである。

14 こうしてイザヤの言った預言が、彼らの上に成就したのである。『あなたがたは聞くには聞くが、決して悟らない。見るには見るが、決して認めない。

15 この民の心は鈍くなり、その耳は聞えにくく、その目は閉じている。それは、彼らが目で見ず、耳で聞かず、心で悟らず、悔い改めていやされることがないためである』。

16 しかし、あなたがたの目は見ており、耳は聞いているから、さいわいである。

イザヤ書は2800年前のものです。ぼくは、理解できない。悟れない。ってのを、理解するな。悟るな。っていじわるして言ったってことだと思ってますが・・。

イザヤ書6:1-13

6:9 主は言われた。「行け、この民に言うがよい/よく聞け、しかし理解するな/よく見よ、しかし悟るな、と。

6:10 この民の心をかたくなにし/耳を鈍く、目を暗くせよ。目で見ることなく、耳で聞くことなく/その心で理解することなく/悔い改めていやされることのないために。」

Matthew 13:13
13 This is why I speak to them in parables:

“Though seeing, they do not see;
though hearing, they do not hear or understand.

14 In them is fulfilled the prophecy of Isaiah:

“‘You will be ever hearing but never understanding;
you will be ever seeing but never perceiving.
15 For this people’s heart has become calloused;
they hardly hear with their ears,
and they have closed their eyes.
Otherwise they might see with their eyes,
hear with their ears,
understand with their hearts
and turn, and I would heal them.’[a]

16 But blessed are your eyes because they see, and your ears because they hear. 17 For truly I tell you, many prophets and righteous people longed to see what you see but did not see it, and to hear what you hear but did not hear it.

というわけで、ながくなりましたが、あたなは、目と耳が開かれている人なので、ちかい将来、すぐに、身体が完治して、楽しく毎日をすごせるでしょう~~!!

以上です。

次の記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする