フンコロガシ:太陽を運行する復活と再生の象徴

古代エジプトでは、フンコロガシが太陽を運行する神の象徴。

フンコロガシが糞の球体をコロコロする姿が、神様が太陽をうごかしているイメージだったんですね。

で、夜になると太陽が死んで、死の世界を太陽神ラーになって旅をして、朝に女神ヌトのおまたから毎日生まれてくる。

で、またフンコロガシの形の神、太陽神ケプリがコロコロ転がす。毎日毎日死んで生まれてっていうのを繰り返す。

復活の象徴みたいなイメージだったんですね。エジプトの人って面白いこと考えますよね。

フンコロガシって、天の川を見て、自分の進む方向を決めてまっすぐ進めるらしいですね!。


ナショジオの参考記事

常時見えてなくても、ちょっと見てずっと記憶できるってことです。

偽物の天の川とか見せられると、間違った方向にいっちゃうって。

他にも、『フンコロガシ 天の川』で検索するとたくさん記事ありますね。

黄道ではない

フンコロガシが太陽運行の象徴とされていたってことで、もしかして

太陽の軌道である、黄道を目印にして、うんちを転がしていたら、エジプト人そうとうやばいな。っておもったんですけど、

そこはそういうわけじゃなさそうですね。

だけど、天の川を基準にして行動してるところを見抜いていたとしたら、古代エジプトの人たちすごいですね。

画像は天の川と太陽の軌跡が交錯する画像


http://kuusou.asablo.jp/blog/さんの画像

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加