0日目仙骨バランス体操を全体を通して確認

センスのある方がやったパターン

●割と体を動かすことに慣れていてセンスのある方がやったパターン

とりあえず、通して見て、流れを確認してください。

この仙骨バランス体操の

いちばん大事なポイントは、脳に、

「ここが重心の真ん中だよー」
「ここが、わたしは、居心地のいいポイントなんだよー」

って教えてあげることです。

ですので、かならず、真ん中ポイントでは、一呼吸休憩をいれてください。休憩をいれないと、ただのラジオ体操になってしまいます。

たとえば、1個目の体をCカーブにする体操に関しては、体を外側にカーブさせたあとに、真ん中に戻ってきたときに、一呼吸、休憩をいれるわけです。

こちらの画像で言えば、青線の部分が中心線ということになります。

この青線は、個人の主観でいいのです。厳密な直角や垂直線でなくてかまいません。

「この青線上に体がおさまったなー」って自分の主観で思ったタイミングで、「青線、中心線はきもちいいなぁー」って声にだしながら、休憩してください。

次のページはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加