MP3音源をiOS11(iPhone8/X)ファイル機能で保存する場合

音声ダウンロードはパソコンでないとできないですか?

ってご質問いただきました。iPhoneでもAndroidでももちろんできますよ!今日はiPhoneでの保存方法をご紹介します。

iOS11(iPhone8/X)になってから、ファイル機能ってので、Mp3音源を保存できるようになったようです。それ以前は写真しか保存できないの?iPhone派の人は不便だとおもわなかったのかな?ぼくは、iPhone派じゃないのでわからないんですけど・・。

ファイルに保存っていうのを、自分なりに調べてやってみました。

とうとうMp3音源をローカル保存できるようになりました。

ぼく、Android派で、iPhone 使ってないから、めちゃめちゃクセありますね・・。

質問してくれた人が、iPhone8以上を使ってると仮定して、説明しときますね!

まず、ホムペ上のMP3リンクをひらくと、iphone では、こんな風に誘導音声が再生されるとおもいます。

そしたら、まんなかの ココ で指してある四角の中から↑矢印がでてるアイコンを押します。

※100パーセント、余談ですが、「安全ではありません」ってのは、サーバーのルート直にMp3をいれてるので、出ちゃうのです。こんどからは、契約したドメインの下にいれるようにします。

そしたら、下からこういうのが、ベローーンって出てくるので、親指でうえに向かって、もっとベローーンって引き出してください。

そうすると、下の方に、

「ホーム画面に追加」と「”ファイル”に保存」ってのがでてきます。

選択肢が「ホーム画面に追加」と「”ファイル”に保存」と2つ選べます、まずは「ホーム画面に追加」から説明します。

「ホーム画面に追加」すると↓のようになります。

右下の黒い音源ってのをクリックすればすぐに聞けます。

「ホーム画面に追加」は、パソコンみたく”ファイルをデスクトップに置く”わけじゃなく

ウエブ上のファイルへのショートカットリンクなんですね。

だから電波がないところにいったら、使えなくなります。まあ、そんなとんでもない山奥で聞こうと思わないだろうけど。

電波のないとんでもない山奥に行くかもしれないので、ローカル保存である「”ファイル”に保存」してください。

そうしたら、じゃあもうひとつの選択肢である「”ファイル”に保存」ってのをやりましょう。

「”ファイル”に保存」を押すと、このような画面が出てきます。
「iCloud Driveに追加」
「このiPhone内に保存」
という2つの選択肢がでてきます。

そうしてから、ホーム画面のファイルというアイコンをさがしてください。

これが、ファイルというやつです。もしかしたら、ユーティリティってかたまりの中の深いところにいるかもしれません。

で、これをひらくとこうなっています↓

「このiPhone内」ってのを開きましょう。

このダウンロードってやつを開きましょう。

そうすると、これが出てきますので、これをタップすれば、MP3音源がはれて再生できます。お疲れさまです。おめでとうございます!。

余談だけど

iPhoneの設定で、Safariの中の「ダウンロード」の項目で、どっちに保存するのを既定設定にするのか?など設定できます。

iCloudに保存している場合はここで見られます。

ここで、タップすれば、再生できます。

この説明でわかっていただけたら、嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする