ストレッチをするとぎっくり腰になる理由。曲がる縮んでる方に縮めるべき!

あなたは、ギューと体を伸ばすストレッチが体にいいと思っていませんか?じつは、ストレッチは危険です。とくに運動する前や、起きたあとのストレッチは非常に危険です。

wikiによるとストレッチは『ボブ・アンダーソンの著した『STRETCHING』(1975年)が普及を大きく促進した』そうです。つまりストレッチ自体は40年前に提唱されたものなんですよね。いがいとつい最近の話です。

でも40年前、「体にいいからやりな」ってはじまった”伸ばしストレッチ”が、それがいまでは、みんな絶対やらなきゃいけないって思ってますからね。集団での思い込みってこわいです。

逆になにをしたらいいかと言うと、縮めです。とくに体が歪んでいる方向への縮めです。

先日、こういう記事を書きました。

・右肩が下がっていたら、もっと右肩をさげる方向の動きをする。
・右腰が上がっていたら、もっと右腰をあげる方向の動きをする。
・右足が短くなっていたら、もっと右足を縮める方向の動きをする。


記事リンクはこちらです。

上記の記事では、『なぜそうするのか?』という理由を藤田なりに、身近なたとえでご説明させていただきました。

そしたら、今日本の整理をしてたら、医学的な見方で説明してあった文章がありました。なので

その橋本さんってお医者さんが書いていた文章を引用しますね。

疲労し緊張している筋は、伸ばすと痛みを感じます。これは、筋電図で確認されています。図の操体前の筋電図が それで、動診時に伸ばされ痛みを強く感じる筋は筋電図上 でも振幅が大きくなっています。

 ところが操体を行うことにより痛みが軽くなり筋の緊張 が軽減するにつれて筋電図の振幅も小さくなっています。 何故この様に変化するのでしょうか。

藤田がわかりやすくかいつまんで解説:

こってる体は、ぜったいに伸ばしていけない。ぜったいにストレッチしてはいけない。

伸ばせば痛みがでる。これは、筋電図でみればわかること。

伸ばされてる = 痛みがでてる = 悪化している と考えてください。

まず、神経と筋の関係から考えてみます。

筋には、筋紡錘と腱ゴルジ器官という2種類の感覚受容器があります

脊髄反射で筋の収縮や弛緩をコントロールしています。

この2種類の感覚受容器の反射は姿勢保持に重要な役割を担い、同時に 筋の損傷を予防しています。

筋紡錘と腱ゴルジ器官という2種類の感覚受容器

筋紡錘 のばされたら、縮む やつ
 
腱ゴルジ器官 ちじめられたら、緩む やつ

とそれぞれを覚えてください。

まず、さいしょに、筋紡錘 のばされたら、縮む やつの働きをみてみます。

筋肉が受動的に引き伸ばされると、筋内の筋紡錘が刺激され、脊髄反射でその筋肉が収縮する「伸張反射」が起こります。

疲労して 緊張している筋肉を無理に伸展させると筋紡錘から刺激が多く出され、痛みを感じると共に筋電図の振 幅が大きくなります。

藤田がわかりやすくかいつまんで解説:

疲れている筋肉、こっている筋肉は、硬いので伸ばせない、伸ばすと痛みが出る。

筋肉には、「のばされると、縮む!」という生理現象がある。

ストレッチで無理に伸ばすと、「伸ばし過ぎや!!ぶっこわれるで!!」「めっちゃ限界まで縮んで守らな!!」という生理現象が起こる

ただでさえ、90%まで、緊張で縮んでいる筋肉が120%の緊張にたっし、限界突破でぎっくり腰がおきる。

だから、のばしちゃいけないのです。

つぎに、腱ゴルジ器官 ちじめられたら、緩む やつ の働きをみてみます。

一方、筋肉が収縮すると筋腱移行部にあるゴルジ腱器官が刺激されその筋の緊張 を低下させる「ゴルジ腱器官反射」も存在しています。

ストレッチングやPNFな どの方法も、伸張反射を起こさない様に筋紡錘への刺激を減らし、腱ゴル ジ器官を刺激して緊張した筋をリラックスさせることがポイント になっています 。

ゴルジ腱器官 = ちょっと、縮めると、ゆるむ! という生理現象をおこす 腱でできた器官

操体は痛くない、楽な方向へ動く方法です。筋と神経の 関係から考えると、緊張した筋を伸展させるのとは逆の方 向、つまり筋を収縮させる方向へ動くため、筋紡錘を刺激 することなく腱ゴルジ器官を刺激することが可能になりま す。

これによつて筋のリラックスが得られるようになると 考えられます。操体の動きは、この脊髄反射を利用して筋 の緊張を軽減させているのです

藤田がわかりやすくかいつまんで解説:

筋肉を縮めると、縮んでる緊張をゆるめる生理現象 =腱ゴルジ器官 のはたらきがある。

肩や腰、曲がってるということは、そこに、緊張、筋肉の縮み が発生している。

その筋肉をさらに縮めてあげる。=曲がっている方向に曲げる。歪んでいる方向に歪める。

そうすると、腱ゴルジ器官がはたらく = 筋肉を縮めると、縮んでる緊張をゆるめる生理現象

そうすると、緊張がゆるまり、筋肉がほぐれて、外見上の歪みも解消され、痛みも解消される。

これが、体が曲がっていたら、曲がっている方向に曲げる。

体が歪んでいたら、歪んでいる方向に歪める。

これをすることによって、痛みも不調も、曲がりも歪みも直る。という ことの種明かしです。

こころして、キモにめいじてくださいね!

もともとの文書をスキャンしたものがこちらです。↓

IMG_20190611_0002

再度、参考リンク

右肩が下がっていたら、もっと右肩をさげる方向の動きをする理由の記事リンクはこちらです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする