ククリナイフの形状利点と特殊部隊や軍隊採用。殺傷能力について

ww2-gurkha-kukri-knife

ククリナイフが今注目を浴びているようですので、簡単にククリナイフについてまとめておきます

ククリナイフとは?

簡単にいうと、ネパールの山岳民族の方が使っている、手斧、鉈(なた)みたいなもんです。

ククリナイフの独特の形状の利点は?

写真を見ていただければ、わかりますけど、内側に曲がっていますよね?これが、形状の特徴なのですが、利点としては、草ヤブや木の枝を払ったりするときに、内側に曲がっているために、草や枝に逃げにくく、切って払いやすいのが、利点になります。

あと、ナイフの根元のところに、ひっかりみたいなへっこみがありますが、あれは、ビシュヌ神かシヴァ神かカーリーかのおちんちんか女性器をあらわしてるそうです。ようするに作った人のこだわりをあらわす、意匠ということですね。これを、相手の武器をひっかけて奪いとるために使うとか書いてあるところもありますが、こんな小さい部分じゃ、こわくて、そんなことできません^^。

ククリナイフは軍採用なの?

今回の報道でククリナイフは、軍で採用されている、特殊な武器といった、イメージで報道され、そう思われている方もおおいのかもしれませんが、実は、ネパールの山岳民族の方をまとめて、グルカと呼ぶのですが、そのグルカの方が、日常的に、山での農作業で使う日常の道具です。ちなみに、グルカ族という特定のひとつの民族、部族はなくて、山岳民族をまとめてグルカだそうです。

gurkha

日本でいうところの、鍬とか鋤、みたいな感覚です。で、そのグルカの人が戦うときも、これが慣れているからというので、軍にも持っていった。というのが、もともとです。

インドが英国領でしたので、ネパールも事実上の英領で、ネパールのグルカの人達も、イギリス軍に参加していました。その人達のことをグルカ兵と呼ぶようになりました。

で、第2次世界大戦の頃、ジャングルで、グルカ兵のひと達がククリナイフを使って活躍した。そりゃそうですよね。もともと、山で使う道具ですから。それ以来、ククリナイフは、グルカの軍の装備として、必須品みたいなイメージなんですね。

ククリナイフの殺傷能力は

で、なんか特別、ククリナイフは、「ジャングルですごい活躍するグルカ兵が使っているから、殺傷能力が高い、危険な武器だ!」みたいな報道されていますが、でっかい刃物ですから、使い方しだいで、危なくも、便利になるというだけで、特別、人を殺める能力、殺傷能力が高いということはありません。

グルカの方は、台所仕事にも、ククリをつかっています。

軍隊用ククリナイフ

ただ、グルカ兵だけですが、イギリス軍で使われているという事もあり、でかい刃物=でかい鉄のかたまりなので、重さは相当ありますので、いまは、チタンやカーボンなどの新素材で、軽量化されたものが、軍隊用として、開発、販売されているようです。

ククリナイフのつくりかた

メチャメチャ簡素な設備で、昔ながらの方法で作ってるんですね!

料理にも使えて便利ですよ!

とここまでが、平和的な使い方で。やっぱり、こわい意味でも役に立つ武器になります。

gurkha

一人のグルカ兵が13人くらいのタリバン兵をやっつけたという記事もありますね。

gorkha

他には、個人的にびっくりしたのは、40人の強盗をたったひとりのグルカ兵がククリナイフ一本で、やっつけてしまったという記事が、2011年にありましたね。

記事はこれ、まとめ記事ですね^^

まあ、これも、武器(ククリナイフ)がすごいというより、よっぽど、この兵隊さんが、訓練されている。あとグルカの人は、こと戦闘になると身体能力が半端ない。というのがあるでしょうね。

昔、香港を旅行したときには、多分、退役したっぽいグルカ兵の方が、香港のお金持ちの家や、銀行のガードマンとして働いているようでした。街中で見かけても、外見的には、特別ぽい感じはせずに、出稼ぎにきている東南アジアの方という雰囲気しか漂わせていませんが、泥棒とかきたら、えらいことになっちゃうんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。