テキストサム損傷、ドケルバン症候群。スマホ指症状

ドコモがtwitterでテキストサム損傷の注意喚起

ドコモが『スマホの持ち方に注意してくださいね。』という注意喚起をしたところ、

「俺の指あかん」ということで、5日のTwitterで話題になっていました。

それが、トレンドになり、ヤフーでも取り上げられるという事で、今、テキストサム損傷という単語が話題になりました。

でもこのドコモのテキストサム損傷って、小指は、第2関節で、もともと少し細くなっているので、写真撮影する角度によってそのように見えてるだけですよね。別にスマホやりすぎに関わらず骨格によるものです。

ドコモは小指のことをさしてテキストサム損傷とか言ってるけど、サムthumb って親指のことだし。

一般的にテキストサムといったら、親指で文字を打ちすぎることによる、腱鞘炎みたいなものですよね。

まげる指と、伸ばす指の筋肉があって、一般的には、伸ばす方の筋肉の筋腱がいたくなり、腱鞘炎になります。

長母指伸筋

medical accurate illustration of the extensor pollicis longus


伸ばす筋肉の長い方

短母指伸筋

medical accurate illustration of the extensor pollicis brevis


伸ばす筋肉の短い方

スマホの左上のほうをさわろうとすると、この伸ばす筋肉が、ギューギューっとされるので伸び切っていたみます。

iphone は戻るのボタンが左上にあったりしますよね。

参考

長母指屈筋

medical accurate illustration of the flexor pollicis longus


ちじめる筋肉。

文字をめちゃめちゃたくさんうつと、こっちがわの筋肉もいたくなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする