主治医の見つかる診療所3月9日は加齢黄斑変性特集

『主治医が見つかる診療所』今日は加齢黄斑変性を取り上げてる。主治医の見つかる診療所3月9日は加齢黄斑変性の特集でした。

加齢黄斑変性の原因

『加齢黄斑変性の1番のリスクファクターは“喫煙”です』という風にお医者さんが言ってましたね。他にも、長時間スマホを使う時間が長いと加齢黄斑変性症になるリスクが高くなるらしいですよ。ちなみに、ぼくはタバコは吸わないのですが、眼の中の症状とタバコって関係あるんですかね?まあ、とりあえず、タバコはなんにでも悪いという事でしょうね。

加齢黄斑変性の早期発見法

予防方法というか、早期発見方法は、方眼紙みたいな、ものを、片目ずつ、見てみて、歪んでないかを確認するといいそうですよ。軽症のうちに、みつけられたら、薬で加齢黄斑変性も治せるそうです。

ネットでは、『TVでこの加齢黄斑変性の特集やっていたときに、自己チェックしてみたら真ん中が歪んで見えて病院にいったところ、加齢黄斑変性だと診断されて、手術した』というエピソードを書かれている人がいましたね。

年をとってきたらたまに、チェックした方がいいですね。加齢黄斑変性って、いがいに治せる症状なんですね。しかし、一般的には、眼の症状の予防に、定期健診とかうけたりしないですからね。普通は、目が痛くならない限り、眼科には行かないですよね、

生きていくために必要な情報は、かなりの部分が目からの情報ですからね。視力って大事ですよね

初期症状の早期発見法&予防法

主治医が見つかる診療所3月9日

失明の可能性のある病気

加齢黄斑変性の簡単チェック法

①片目だけ急激な視力の低下
②物が歪んで見える
③視界の中に黒い斑点が見れる
④片目で見ると景色が変色する
上記のような症状には要注意だそうです。

症状の確認方法は、時々、片目で物を見る。歪んでないかを確認

片目、両目で障子や方眼紙、網戸などを見て歪んで見えないか確認

主治医が見つかる診療所3月16日は認知症の特集ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。