4/15日ためしてガッテン尿路結石特集。オステオポンチン

 

この記事を書いている人 - WRITER -

4/15日放送のためしてガッテンを見ました。尿路結石の特集でした。Yahooリアルタイムでみたら、尿路結石、尿管結石、尿道結石って単語がでてますね。それぞれは、出来上がる場所のちがいかな?どっちかというと、尿管結石は猫の病気でよく名前を聞きますね。

尿路結石って、ぼくも年配の男性に多い症状だと思っていました。で、結石がでかくなるのって、たった3週間で2mmになるって、言ってたから意外でしたね。何十年もかけてできるんだと思ってました。あの、2,3cmあるでっかい結石もすごいですよね。シュウ酸カルシウムの結晶で、結石になるんですね。

いっこく堂の人は、尿路結石は、膀胱が痛くなるんじゃなくて、腰が痛くなるって言ってましたね。

これまで結石の予防には、ホウレン草などのシュウ酸を含まれるものを食べないとか、思われていたけど、動物性タンパクやコレステロールの高い食べ物を食べると、酸性になりやすいんですね。お肉やいくらや、数の子など、コレステロールとか、プリン体が多く含まれる食べ物も関係あるんですね。プリン体って最近よく聞きますよね?プリン体0的な感じで・・^^。

石を作らせない方法は?

結石ができやすい体質かどうかは、おしっこの酸性か、アルカリ性かで、尿路結石ができやすいかどうか?簡単にわかるそうです。で、おしっこが酸性だと、石ができやすいということでした。内臓脂肪が多いと、腎臓でアンモニアが作られないから、尿が酸性になる。そうすると、尿路結石になりやすいそうです。

アンモニアがちゃんと出ていると、尿は弱酸性だそうです。これは、さっそく、リトマス試験紙を買って自分でチェックしてみたくなりますね。アマゾンでは、100円から400で売ってますね。

リトマス試験紙に、尿をひたしてPH値が5.5以下だといいそうです。んーーー。まあ、この編は、説明よく覚えきらなかったです。覚えてる人、コメント欄にただしいの書いておいてください。

あとは、リトマス試験紙で、鶴を折ってあってのは、尿路結石とはまったく関係なかったんですね。なんで、出してきたの?見せたかっただけ?(笑)

オステオポンチンって成分が、細胞を攻撃しているシュウ酸を排除したあとに、固めているそうで、そもそも、攻撃するシュウ酸を作らせないために、抗酸化作用が高い食べ物を食べるといいそうです。抗酸化作用があるたべものといえば、ビタミンCとか、EPAとかDHAが入ってるのがいいんですね。青魚とか、かぼちゃとか、バナナですかね。

あとは、えごま油ですかね?^^

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© fujitamario.com , 2015 All Rights Reserved.