ボビーフィッシャーの名言1972年の世界チェス王者

藤田です。ぼく、チェスも好きなんで、ボビー・フィッシャーの言葉も載せておきますね。ボビー・フィッシャーとはアメリカ合衆国のチェスプレーヤー。で、IQは187だったと言われております。

(Bobby Fischer、1943年3月9日 – 2008年1月17日)

結果を出さない変わり者は『変人』と言われ
結果を出した変わり者は『天才』と言われる。

ボビー・フィッシャーのことは、林修さんの『生きざま大辞典』って番組で、知りました。「突き抜けた極限頭脳を持つ世界の天才」って特集の回で放送されていました。

U-NEXTでボビーフィッシャーの90分のドキュメンタリー映画が見られます。

ボビー・フィッシャー 世界と戦った男

ボビーフィッシャーのIQは187でチェスの天才と言われていましたが、天才的な頭脳と引き換えに

パラノイアっていうんですか、かなり精神を病んでいて、妄想にとらわれ晩年はひっそり暮らしたかわいそうな人生でした。

ボビーフィッシャーの人生は、天才がいかれてしまったのか、それともいかれてたからこその天才的な駒さばきができたのでしょうか?考えさせられますね。

トビー・マグワイアがボビー・フィッシャーを演じた『完全なるチェックメイト』ってタイトルの映画もあります。

予告編の動画を貼りつけておきます。

『ボビー・フィッシャーを探して』って20年前の映画もありますよ。

この映画はボビー・フィッシャー自体は出てこなくて、第2のボビー・フィッシャーと言われた、実在のチェスの天才少年のジョシュウェルツキンの話です。

ボビー・フィッシャーなみの天才頭脳になって、アフィリで稼ぎまくりたいですが、もし、天才の頭脳と引き換えに、ボビーフィッシャーのように気がふれてしまったらどうしよう。と心配でもあります。

そう思うと、そこその報酬で満足してる状態も幸せなんでしょうか?

そんなときに、ボビーフィッシャーの名言

結果を出さない変わり者は『変人』と言われ
結果を出した変わり者は『天才』と言われる。

ボビーフィッシャーは、結果も出しましたが、かなりの変人でしたね^^。

ネットビジネスを見てみるとどうでしょうか。

毎日、毎日、パソコンに向かってパチパチパチパチ作業している。その姿はまさに変人です。ぼくも、最初の頃は、

『わけわからない、どうしようもないことをしている、おっさん。』

と言われていました。

でも、最近はすこしだけ、結果がでてきましたので、天才とは、言われていませんが、結構すごいね!って言われるようになりました。

ネットビジネスがんばっている人は、結果がでるまで、がんばっていきましょう!

U-NEXTでボビーフィッシャーの90分のドキュメンタリー映画と、トビーマグワイヤの映画が見られます。

U-NEXTはこちらです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする