266

仙骨バランス体操のご購入ありがとうございます。

こちらが【秘密の体操】です。一般には公開していない体操です。

いままでは、他の体操とセットにしてご紹介しておりました。しかし

「動きが簡単すぎるので、ぎゃくに難しく感じる」

「バランスを取るのが難しい、ちゃんとできているのか?難しく感じる」

という声が多くて、せっかくご購入いただいても実践しない方が多かったのです。

ぜひぜひ、簡単に考えて行ってください。

仙骨バランス体操の概要

この体操の趣旨を説明しますね。

あなたは、たぶん自分の体が、まっすぐになっていると思っていると思います。こんな感じですね。

でも、ほんとうはちがうんです。現代社会に生きている人間は、まちがいなく、みんなこんな感じになっています。

体って疲れてくると、バランスがおかしくなってくるんです。そのことじたいは悪いことじゃないんですよ。

よく治療家に、「背骨がまがってますね」「骨盤がゆがんでますね」とか言われて、「あーーー専門家に治療してもらわないといけないんだー」って思う人が多い。これは間違い

現代人であれば、生活習慣が必ずあるので、クセ=ゆがみ。がない人はいないくらいです。

繰り返しますが、そのことじたいは悪いことじゃないんです。それはそれで、バランスが取れてればいいわけです。その人が生活習慣に適応したために、適応したボディとしてのカスタマイズ=ゆがみなんです。

しかし、過剰なゆがみや、バランスの崩れがおきると、体の緊張、痛みにつながります。こんな感じに、ピサの斜塔のように、バランスが崩れていたら体のふしぶしに神経痛がでているはずです。

Pisa

ですので、このバランスの崩れを正したほうがいいですね。

それができるのが、この仙骨バランス体操なんです。

重心のバランスを楽しむ

この体操の目的は、モデルさんと同じポーズを取ることが目的ではありません。

もっとも大事なことは、自分の重心をいろいろずらして、自分の体の動きを楽しむ遊び。

というふうに考えて行ってください。

仙腸関節バランス体操を、7つの体操よりもたくさんやってくださいね!

この体操は、7つの体操よりも、見た目、動きともに、簡単で、すべての体操の、基礎であり、もっとも効率的に体を治す方法になります。

一般的に間違えやすいいところで4人のモデルさんも、間違えていただけているので、

「どんなところがおかしくなりやすいのか?」「どんなところを気をつけたらいいのか」注意して見ながらやるといいですよ!

仙骨バランス体操を実践いただいた感想

”仙骨バランス体操”の感想をいただきましたのでご紹介しますね。

私の場合は、ぎっくり腰などに悩み、治療方法は色々試してみてましたが、

少し良くなる程度で、痛みは継続してました。

しかし、仙骨体操のビデオを見て実践すると、

1週間で、ぎっくり腰がなおり、かつ、前の状態以上に良くなりました。

今は体が軽く感じられ、飛ぶように歩くことができてます。まさに私にピッタリでした。

よって先生の言う”自分の体は自分で治す”という言葉を確信できる次第です。

自分の障害に合った体操をみつけられれば、

きっと先生の言う言葉を確信できると思います。

他にも治ったかたのメールをご紹介しますね。

藤田先生の体操を始めて1年半が過ぎた今年の4月に、坐骨神経痛が完治しました。

DVDを購入して、仙骨バランス体操をやるようになってから、すんなりと治った気がします。

始めは、ギックリ腰がくせになってるせいか、体操の仕方か悪いのか、腰が痛くなってしまいました。

でも、この体操が一番おススメだと先生がおっしゃっていたので、7つの体操もやりながら、バランス体操もやってました。

昨年の夏には悪化して、仕事の為に、駅までの8分の距離を歩くのも、痛くて休まなくてはいけない程になりました。

普通に歩いてる人を羨ましく思った事が何度もありました。

それからDVDを購入して、もう一度、体操を見直して、バランス体操を見つけて、自分のペースで痛くないやり方でコツコツやってきました。

痛みがなく歩ける事が夢みたいです。現在は、趣味だったジョギングをしています。

完治した4月には、嬉しくてディズニーシーで一日中遊びまくりました。それでも全然、足が痛くならなかったです。今でも毎朝、体操やってます。

坐骨神経痛になって、ながい間辛い時期を過ごしました。そして完治を経験した事で、”痛みがなく歩ける”と言う事が、こんなにも幸せな事なんだと実感しています。

藤田先生、本当に本当にありがとうございます。

という感じで、仙骨体操を絶賛していただきました。ぜひ、今日、空いた時間をみつけて動画をご覧になってくださいね。

実際に、体操を実践すると体がかるくなりますよ!!

センスのある方がやったパターン

●割と体を動かすことに慣れていてセンスのある方がやったパターン

とりあえず、通して見て、流れを確認してください。

この仙骨バランス体操の

いちばん大事なポイントは、脳に、

「ここが重心の真ん中だよー」
「ここが、わたしは、居心地のいいポイントなんだよー」

って教えてあげることです。

ですので、かならず、真ん中ポイントでは、一呼吸休憩をいれてください。休憩をいれないと、ただのラジオ体操になってしまいます。

たとえば、1個目の体をCカーブにする体操に関しては、体を外側にカーブさせたあとに、真ん中に戻ってきたときに、一呼吸、休憩をいれるわけです。

こちらの画像で言えば、青線の部分が中心線ということになります。

この青線は、個人の主観でいいのです。厳密な直角や垂直線でなくてかまいません。

「この青線上に体がおさまったなー」って自分の主観で思ったタイミングで、「青線、中心線はきもちいいなぁー」って声にだしながら、休憩してください。

1番目の体操の補足

ぼくの提唱している『仙骨バランス体操』は、ちまたのスポーツジムのヨガなどとちがいます。全員が同じポーズをとるわけではありません。

その人、その人の体の状態によって、ベストな動かし方は違います。ですから

「わたしは、どこらへんが、いちばん心地よいかなー。」って小さい範囲で動かしながら、この体操をやっていただければ、ぐんぐん、足、腰、肩、の症状がよくなりますよ。

仙骨バランス体操の補足動画を作りました。この動画では、かなり動きの幅は小さくなっていますが、逆にこれくらい、まったく動かしてないくらいの体操が最初は一番効くんですよね。

膝、股関節、背中をゆるめることが非常に大事です。メールをご紹介しますね。

ちなみに、○○を意識して。と言っているところは、母指球です。

バランス体操は、補足動画で大きな気づきがありました。

●膝を緩めて~

●股関節を緩めて~

●背中も少し丸くして~

の準備ポーズの

うち、『股関節を緩める意識』が私にはありませんでした。

ハンドルの遊びみたいな感じで、股関節をほんのちょっとだけ緩めて、日常の動作を行うと、滑らかさが違う気がします。

そうなんです。ぼくも、部屋のドア、車のドアをしめるときに、股関節をひょいっとゆるめて、その力で、ドアをしめています。だから、わざわざ、「よーし、これから体操やるぞ!」ってあらためて、体操やらないんですけど、腰痛知らずですよ!

仙骨バランス体操の2番めの体操の重要ポイント補足

仙骨バランス体操の2番めは、転回運動の体操。くるりんぱ。で、後ろを振り向く体操でもあるのですが、

とりあえずは、『右足に体重を乗せる』『左足に体重を乗せる』だけをやっていただいてもよいですよー。

「ねじりんちょ。をしなくても、体重を、右足軸で載せたら、なんとも言えない気持ちよさがくるぅーー」というふうに言っていただいた方がいらっしゃいましたので

今日はこれで、お試しくださいませ。

母指球をイメージしながらやっていただければ、なお、効果倍増です!

仙骨バランス体操の2番めの体操を大事なポジションで3個に図解しました。

このいちれんの大事なモーションを藤田が直筆でポイントを描いた図がこれ

藤田の図だと、よくわからないかもしれないので、イラストレーターさんに描いてもらった。

実物の画像とイラストレーターさんに描いてもらった図を並べてみた。

スタンバイポジション

1、スタンバイポジション。これが、いちばん大事



右足に体重を移動させたポジション

2、右足に体重を移動させたポジション、これも2番めに大事



右に振り返りのモーション

3、右に振り返りのモーションにはいってる状態、これは、人それぞれだから、適当にやるべき動作、ちょい猫背でやると、さらによろし。



3番目の体操の補足

仙骨バランス体操の3番目の体操の補足を藤田が手書きでイラスト図解しましたので、まずこちらをご参照ください。

動画で説明しているのは、こちらです。

スタンバイポジション

耳、腰、股関節、くるぶし。が一直線になっているイメージで垂直だちをしている状態。

とはいえ、とはいえ、腰痛、肩痛のかたがこのページをみているわけですので

垂直だちが、ほんとに物理的な垂直だちになっていることがおおいです。

前に傾いていたり、腰がそっていてアーチ状になっていたりするパターンですね。

準備モードの動き出し

膝をゆるめる
股関節もゆるめる
背中もゆるめてまるめる

お尻をすこし後ろに突き出すようにすると、自然とこの準備モードのポーズになります。

※画像だと、背中は背筋ピーンです

人によっては、深い前屈ができないほど、体、背中がかたくなっていますので、

そんなときは、これくらいが、ちょうどいいんです。この準備段階のポーズのみで、じゅうぶんに効果を味わえます。

わかりやすく言うと、『ちょっと落ち込んでる原始人』をイメージしてください。

膝をゆるめる
股関節もゆるめる
背中もゆるめてまるめる
首もゆるめる

この4点を守ると、ちゃんと『ちょっと落ち込んでる原始人』になれます。どこかが、張っていると、現代人の雰囲気がのこってしまいます。

はい、ご自身で体の硬さを感じる。腰のハリを治すには、これだけでじゅうぶんです。

これ以上は動かさないでください。

出来上がりポーズ

腰痛の重症な方はここまでやらないでください

重症な方をのぞく、「やや腰がいたいわー」レベルであれば、ここまで深くアーチできるとおもいます。

足のふともも前側が大変!って感じる場合は、あなたは、重心を後ろにかけすぎ。

ふくらはぎの筋肉が大変!って感じる場合は、あなたは、前側に重心をかけすぎです。

あとは、このポーズから、起き上がるところが、もっとも大事なポイントなのです。

起き上がるさいに、あることを意識できていれば、めちゃ効果的ですぐ完治レベルなのです。

起き上がるさいのモーションをよく動画をご覧になってくださいね!

総合復習:大事なポイントを抑えながら復習しましょう

●さきほどのモデルさんに2回めにトライしていただきました。

あなたも、一回やってみたあとに、もういちど、この動画をみてください。

うまくリラックスゾーンにはいるコツは、休憩を入れているあいだに、口で擬音をはっしてください。

そして、脳と体の神経に、ビリビリ電気が通っているイメージで休憩してください。

脳と身体を一致させるために、イメージするということは絶対に必要になります。

だんだん、なれてくると、脳が快感を感じて、脳内物質をだしているため、脳が実際にビリビリしているのを感じられるはずです。

一般的なセンスの方のケース

一般的なセンスの方にやっていただいたパターンもあります。

こちらは、一般の方がやった場合の間違いやすいパターンで間違えていただけているので、参考になります。

自分の体を観察することを意識してやると、人生がかわりますので、お楽しみに~~。

ぜひぜひ、実践して、ご質問と感想を教えてくださいね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする