主は与え、主はとられる英語The Lord gave and the Lord has taken away

今日は、ぼくの好きな聖書の言葉を紹介します。

job121

ヘブル語の注釈 参考リンク

The Lord gave and the Lord has taken away.

主は与え、主は取られる。主の御名はほむべきかな。(ヨブ1:21)

Job 1:21New American Standard Bible (NASB)

21 He said,

“Naked I came from my mother’s womb,
And naked I shall return there.
The Lord gave and the Lord has taken away.
Blessed be the name of the Lord.”

日本語の意味は、藤田流に訳すと

彼は言った

「私たちは、母の胎内から、裸でやってきた。そして、死ぬ時も、裸で帰ろう。」

「生きるためのものは、すべて神が与え。そして、死ぬ時のために、神がすべてを奪っていく」

神の名前がたたえられますように。

ようするに、僕達はお母さんから、生まれてきた時は、裸で生まれてくるわけですね。そして、死ぬ時は、生まれてから、生きてきた間に手に入れたものを、何一つとして、あの世に持って行けません。それどころか、人生の中で失っていくことの方が多いわけです。

人間って、この喪失することの痛みに耐えられないわけです。そんなときに、ぼくは、この言葉を思い出します。

僕達の持ち物は、全部、神様があたえてもらったもの。そして、神は、気まぐれなのか、計画にもとづいているのか、わかりませんが、僕達が、手に入れたものを取り上げていきます。

それは、どんな、計画なのか、なにを目的として、取り上げていくのか、わかりませんが、与えられたものが、また、なくなったにすぎない。

そう思ったとき・・

僕達は、人生において、じつに無力で、神の計画、手のひらのなかで、生かされていることを、実感するのみです。それでも、いつでも、どんな時でも、神の名前がたたえられますように。と願うのみです。

この記事も読んでくださいね~

わたしの力は弱さのうちに完全に現れるfor power is perfected in weakness

2017.03.13