100点よりも、60点の方がいい理由とは?一番いいのは60%

done-is-better-than-perfect

『完璧を目指すよりまず終わらせろ』Done is better than perfect.

フェイスブックの創業者、マーク・ザッカーバーグが言ったとか言わないとか・・・

マーク・ザッカーバーグ

ネタとしては、古いですけど、とっても、耳に痛い言葉ですよね。

いつやるのよ

僕のくせをご紹介します。

・かっちょいいモノを作ろうとするあまり、ひとつも全然出来上がらない。

・「スゲー物を作れるようになったら、作り始めよう」と思ってる内に、3年経っちゃう。

・「19時になったら筋トレを始めよう」と思ってるけど、18:40ダラダラ、スマホいじっちゃう

とか。やらなきゃいけない事を、伸ばし伸ばしにするクセがあるんです。あなたもありませんか???

「100点がとれる準備が整ったら、本気出して頑張ろう」

「ちゃんとしたウェアとシューズを買ってから、ダイエットを始めようと思ってる」

なんて、考えるクセありませんか?

「100点の完璧なものが、出来上がるまでは、とりあえず保留にしておこう」

って、やってると、保留の段階では、0点なんですよね。

だったら、すごくダメなところがあっても、やってみたらいいじゃない?

だいたい、やってみたら60点くらいの仕上がりになっている事って多いですよね。

その60点の出来を1年と続けていけば、すごい事になるってことですよね。

Facebookだって、最初はめちゃめちゃ使いづらかった

話は、もどりますが、Facebookだって、インターフェイスめちゃめちゃつかいづらいじゃないですか?

”友達と実名で、顔出しでつながれる”という、最初のアイデアがよかったんでしょうね。

それだけで、もう60点の成功してるんですよね。

あとのインターフェイスの細かいところや、使い勝手は、あとで、成長するのに合わせて、修正、修正って感じでしょう。

ガンガン修正して、そのままだしちゃっている。そういう展開のはやさも加わって、今の人気SNSの地位があるんだと思いますよ。

僕たちはどうしたらいいのか?

僕達も、そういう風にやっていければ、いいなっておもいます。

仕事のスピードが早い人になる、2014年にします。