体は食べ物でできてない。自分の言葉でできてる。

こんにちは、よく、「自分が食べたもので、自分の体ができてる、」って話ありますよね。

小さいお子さんを育ててるととくに、食べ物は、安心安全でって思っちゃいますよね。食べ物がどこで作られてるか?と気になりますよね。

けっこう、この肉は、国内産だから、安全、外国産だから、安全じゃないから、食べちゃダメなんて話聞くんですけど

けっこう、煩わしいなー。って思っちゃうんですよ。

食の安全とかも、ほどほどでいいと思いますよ。オーガニックじゃなくても全然いいと思います。まあ、小さいお子さんがいる場合はお気持ちもわかりますけどねー。

聖書に、僕の考えと同じ箇所がありましたので、引用させていただきますね。

コリント10章25節

市場に売ってる肉は、良心の問題として調べ上げることはしないで、どれでも食べなさい。
すべて市場で売られている物は、いちいち良心に問うことをしないで、食べればいい。
1 Corinthians 10:25-27 New International Version (NIV)
25 Eat anything sold in the meat market without raising questions of conscience, 26 for, “The earth is the Lord’s, and everything in it.”[a]
1 Corinthians 10:26 Psalm 24:1
27 If an unbeliever invites you to a meal and you want to go, eat whatever is put before you without raising questions of conscience.

ジャンクフードを食べたいじぶんにたいする罪悪感の図

こういう感情だと罪悪感が自分の自尊心やセルフイメージにダメージをあたえちゃうんですよね。

あとは、健康原理主義のおばさんとか、ジャンクフードとかを目のかたきにして、ジャンクフードにたいする怒りや

食品添加物を憎むあまり、食品添加物を使うという今の社会に対して憎しみとかをもってる人いますよね。

そういう感情も、怒り、憎しみ、罪悪感、などが、自分に対してマイナス面の影響をあたえます。

じゃあ、どうしたらいいのか?

ジャンクフードでも、農薬ありの食べ物でも、食べればいいと思ってます。

食べ物にありつける。って事自体が、ありがたいことだから、

食べられるチャンスがあるものを、食べられればOKじゃないですか?

食べもんにありつける、感謝、食べて嬉しい、食べられて幸せ、そういう感情を食べれば。ポジティブでプラスな栄養になりますよ。

食べ物で体はできてない。言葉でできてる。

よく、「自分が食べたもので、自分の体ができてる、」って話を聞くことが多くて、

ぼくの考えでは、食べ物で体はできてなくて、言葉でできてると思うんですよね。

マタイによる福音書 – 15章

イエスは群衆を呼び寄せて言われた、「聞いて悟るがよい。 口にはいるものは人を汚すことはない。かえって、口から出るものが人を汚すのである」
他の訳
イエスは言われた、「あなたがたも、まだわからないのか。口にはいってくるものは、みな腹の中にはいり、そして、外に出て行くことを知らないのか。しかし、口から出て行くものは、心の中から出てくるのであって、それが人を汚すのである。
Matthew 15:10 New International Version (NIV)
10 Jesus called the crowd to him and said, “Listen and understand. 11 What goes into someone’s mouth does not defile them, but what comes out of their mouth, that is what defiles them.”

18 But the things that come out of a person’s mouth come from the heart, and these defile them.

なので、自分の身体は食べ物じゃなくて、自分の頭のイメージとか、自分の発することばで出来てますよね。

なので、あなたも、もし、今晩、多少しょうもないものを食べてしまったとしても、あなたの考え方は、いつも、しっかりしてるので、そんなに心配する必要ないし、

そんなに気にしなくても、オーケーなんじゃないかな?

いちばん大事なのは、自分で無意識に言う言葉。

人間って、自分で信じてることをついつい言っちゃうし。

あとはいつも言ってることを、しらずと信じ込んでしまう生き物

だから、日本人的な、謙遜表現は、「つまらないものですが」って言えばつまらないもになっちゃうので、しないほうがいいと思うよ。

「おもしろいお菓子ですが」って言っておけば、「あははおもしろいお菓子だね」ってなるもんね。

 
ブログで収益層の読者さんへリトルアドバイス

ブログの表現はポジティブにしたほうが収益でますよ。

健康業界、治療院系のWEBをアドバイスすることあるんですけど

「体を冷やすと、◯◯な症状になるので、やめましょう、気をつけましょう」

みたいな”何々するべからず” みたいに書いて記事をしめがちなんですよね。そういうことを書いたら

「体を温めると、◯◯ないいことがありますよ。ぜひやってみてくださいね!」

って、すぐにポジティブ情報を書いてフォローすると読者さんの反応がよくて、収益につながりますよ。

◯◯をやらないようにしましょう。ってネガティブな表現で書いた場合は、ようするにどうしたら反対のポジティブな表現になるかなって考えると、収益につながりやすいですよ。

ベネフィットライティングってやつですね。

自分自身も言葉でできてるし、ブログも言葉でできてるからですね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする