動物の体は交感神経優位に作られている

よく自律神経って言葉聞きますよね?あなたは

『交感神経よりも、副交感神経優位のほうが大事だ!』。って思ってませんか?

アンケートによると、読者さんの8割の人が副交感神経のほうが大事って思ってる人が多かったです。

この記事では、交感神経と、副交感神経をちょっと違った視点でお話します。

交感神経と、副交感神経って、社長と副社長みたいなものです。

交感神経は専用の通路があるってしっていましたか?

自律神経は、(交感神経+副交感神経のこと)は背骨にそって通ってくるのですが

交感神経だけは背骨から出て、専用の交感神経幹という、専用通路が用意されています。

そしてそこから、15本以上神経がでています。

社長なんで、社長専用の通路があるんです。

この交感神経幹は、人間の体を開いて解剖したら、ちゃんと5mmくらいの白ぽい神経が見えるんですよ。

英語の動画ですけど、黄色い線でしめされているのが、交感神経です。

sympathetic Nervous System シンパテティックが交感神経 です。共感する、好感できる の シンパシーのシンパテティックです。

parasympathetic Nervous System パラシンパテティックが副交感神経です。para ってのが、準ずるとか、副のって意味です。

副交感神経は、脳から4本。仙骨から3本で。計7本。

専用の通路はありません。副社長だからしょうがないですね。

15本 (しかも専用通路あり) VS 7本 (他の神経と共用通路)

※出典により、本数が、前後してます。14本 VS 6本だったり。

正解:人体は、交感神経優位につくられています。

交感神経の方が大事です。

そうかんがえると、何か違う視点から、自分の身体をみることができませんか?

交感神経wikipedia

交感神経の図

14251060 – sympathetic pathway of the ans

↑スクロールして見比べてください↓

副交感神経の図

14251057 – parasympathetic pathway of the ans

交感神経が働いてるとき

動物は、交感神経を使わなければいけない状況では、命にかかわる場面が多いので、瞬間湯沸かし器のように一気に加速して交感神経を使えるように、交感神経の方が量が多い。生き残るためには大事な神経である。

緊張が相対的に大きくなって起こる生理的な反応

血管が収縮する、心拍数が増える、呼吸が浅く早くなる、瞳孔が開く、手に汗をかく、これらは、戦いや逃走のためにひつような生理現象。しかしこれが、長時間&長期におよぶと筋肉がアクセル踏みっぱなしで使われてる状態なので、それが続くと

筋肉がビリビリ焼けてくる。神経痛になる。

それは困るので交感神経を抑制する。

副交感神経が働いてるとき

副交感神経は休んでるとき、ほとんどの動物にとって24時間のうち23時間半くらいに常時アイドリング状態でつかっている。

省エネにつくられている、薪ストーブのようにすごくゆっくりスイッチが入る。瞬間的にスイッチが入る必要がないので、スロースタートに動くような構造で作られている。

血管が拡張する、心拍数が減る、呼吸が深くなる、瞳孔が小さくなる、手が暖かくなる。

次の記事で、交感神経がビンビンになると、なぜ筋肉や神経を焼いてしまうのか、説明しました。

【副交感神経】よりに、中庸にする。その方法と理由

次の記事を見る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする