ストレッチをするとぎっくり腰になる理由。曲がる縮んでる方に縮めるべき!

あなたは、ギューと体を伸ばすストレッチが体にいいと思っていませんか?じつは、ストレッチは危険です。とくに運動する前や、起きたあとのストレッチは非常に危険です。

wikiによるとストレッチは『ボブ・アンダーソンの著した『STRETCHING』(1975年)が普及を大きく促進した』そうです。つまりストレッチ自体は40年前に提唱されたものなんですよね。いがいとつい最近の話です。

でも40年前、「体にいいからやりな」ってはじまった”伸ばしストレッチ”が、それがいまでは、みんな絶対やらなきゃいけないって思ってますからね。集団での思い込みってこわいです。

逆になにをしたらいいかと言うと、縮めです。とくに体が歪んでいる方向への縮めです。

・右肩が下がっていたら、もっと右肩をさげる方向の動きをする。
・右腰が上がっていたら、もっと右腰をあげる方向の動きをする。
・右足が短くなっていたら、もっと右足を縮める方向の動きをする。

先日、こちらの記事では、『なぜそうするのか?』という理由を藤田なりに、身近なたとえでご説明させていただきました。

記事リンクはこちらです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする