2段階目【腕だけの音源】腕が重い+温かい。

股関節がいたくなりやすいタイプの方からご報告いただきましたので紹介します。

こんにちは私は緊張しやすいタチで、
夜寝ている間も痛い股関節周りを
力ませているようで朝起きた時すごく痛いです

でも自律訓練法をやって寝たら朝、痛くありませんでした。
続けてみます!

その後

今朝も足の痛みがありませんでした!びっくりです!

昨夜はブログの音声に合わせて
右腕が重いだけ3回繰り返しました。

寝る前に布団の中で痛い方の、右足が重いをやってみました。

朝起きて痛みがないと、本当に幸せです。感謝、感謝です。

ご報告ありがとうございます。何回も行うと効果が倍々ゲームになって痛みがなくなっていきます!

足の重さ、暖かさを感じるのは難しいわりに、手の重さ、暖かさの方がさきに感じやすいので、手の重さ、暖かさを聞く音源です。

あとは、

「自律訓練法をはじめて、すぐに手の重さ、暖かさを感じられるようになりますよ」ってことはないので、落ち着いてやってみてください。

とりあえず、全体像を把握するために、この音源を聞いて「どんなことをするのか」概要がわかればいいってだけですからね。

じっさいに手が温かい感じを感じられるのは、1週間後、2週間後、1ヶ月後でもぜんぜん、ぜんぜん、問題ないです。

とりあえず、目をつぶって、聞く、静かな時間をもてば、ぜったいに、自動的に脳には効いているので

あんまり、主観的な実感、効果にとらわれないでくださいね!

腕が重い。腕が温かいだけを行います。

スクリプト

カッコウカッコウ
「気持ちがとても落ち着いている」-「右腕が重たい」「左腕が重たい」-「両腕が重たい」
「気持ちがとても落ち着いている」-「右腕が温かい」「左腕が温かい」-「両腕が温かい」
カッコウカッコウ

『腕が重たいよー。』と脳から体にメッセージを送ると、力が勝手に抜けていくので、それを待ちます。脱力工程ですね^^。

MP3音源

http://fmseitai.sakura.ne.jp/mp3/autogenicstep2.mp3

3分を3回繰り返す、ちょっと長い音源です。

この記事の自律訓練法の流れ

3分経ったら覚醒の動作をする

3分集中→すぐ覚醒動作 ちょっと脳を使って活動する
3分集中→すぐ覚醒動作 ちょっと脳を使って活動する
3分集中→すぐ覚醒動作 ちょっと脳を使って活動する

これを最低3回。朝の起き抜け。昼休みのとき、夜寝る前の3回で、1日3セットやります。

※多いぶんには構いません。負担にならないレベルで実践してください。

3分*3回= 9分1セット 1セット*1日3回(27分) で、トータル27分間やるのがおすすめです。

必ず毎回消去動作を行います。

消去動作=覚醒動作です。ようするに、スキっとしたベータ波、覚醒状態にもどすということですね。

1:目は閉じたままにしておく
2:手を前に出し、力を入れてグーの形を作る。勢いよくパーの形に開く。手をグーパーグーパーする。
3:腕を曲げたり伸ばしたります。肘を曲げて力もちポーズを複数回します。
4:背伸びしてバンザイしたりおろしたりします。顔をぎゅーってしたりで、そのうちあくびがでるんで、あくびもしてください。
5:それから目を開けて覚醒してください。

これがいわゆる消去動作と呼ばれるもので、スッキリ目をさます動作です。

って感じで、瞑想←→覚醒を素早くいったり来たりします。そうすると、緊張←スイッチ→弛緩。入れたり切ったりが自由自在にできるようになる。

最初のうちは、これを目を閉じて聞きながら、一緒に行いましょう。

心で暗唱すると、第1ステップである四肢重感をクリアできます。2分の音源になってます。

音源を聞きながら、目をつぶり、言葉に合わせて自分でも暗唱しながら、各部位に「どうなってる?」って心で問いかけましょう。

次の記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする