大腿外側皮神経痛にもききますか?

僕のバランス体操を買ってくれた人から、メールでお問い合わせいただきましたので、ご紹介します。

藤田様。いつもお世話になっております。

以前DVDと枕のセットを購入させて頂きましたものです。

前回の頚椎症の時は、助かりました。すぐに治ったのちに、安心してしまい、すっかり枕やDVDの事を忘れてしまいました。

そのあと、頚椎ヘルニアの再発、腰椎ヘルニア・すべり症・側弯症で苦しんでいる上に、膝のチクチクが強くなり受診した所

「大腿外側皮神経痛」の疑いとの事でした。一生の不覚で後悔しています。

うつ病になりそうな漢字が並んでいる病名「大腿外側皮神経痛」に落ち込んでいます。

前回の頚椎症がすごく良くなった事を思い出し、ふたたび藤田先生のDVDに取り組み、枕を使用して、少し良くなった矢先です。先生のDVDは、「大腿外側皮神経痛」にもききますか?

お忙しいと思いますが、効果があるかどうか教えて下さい。

ほんと、一般の人って、病名を聞くと落ち込むよね。

医者の得意技は、漢字をならべることです。たとえば、一語ずつ、分解して考えてほしいんですけど

大腿 外側 皮 神経痛

って、ことです。

大腿部 って、ようするに、太もものことですよね。

で、あとは、その太ももの外側の皮=肌が痛い。神経がピリピリとか、チクチクしてるよ。

って、ことを、もっともらしく言っただけのことです。

体の名称を漢字にして、かっこよく並べただけのことです。

逆に考えてほしいんですけど。だって、お医者さんに行って、

あなたの症状は、「太もも外側の肌がピリピリしてる症」です。

とかって、診断したら、それはそれで、患者側のお客さんは、「このお医者さんアホちゃうかなー。」「真剣にやってないだろ!」とかって怒りだす人いますよね。

だから、難しくて、専門的っぽくて、いかにも重症そうな、名前をつけてあげることも、お医者さんの仕事なんです。

お医者さんも、お客さんのニーズに答えているんです。

「お医者さんは専門家だから、なんでもわかってる」
「お医者さんは、特別な知識がある」
「お医者さんの知識は、一般の人とはわけが違う」

っていうイメージを壊さないようにしてるんです。

お医者さんも、空気読んでるんです。

これ、患者側の、隠された要望でも、あるわけですよね。お医者さんはこうあって欲しい。みたいな。

だから、どんどん、話がややこしくなるわけです。

お医者さんも、普通に、整体とか行ってますよ。総合病院の院長先生も、坐骨神経痛とかで、整体、通ってます。

だって、自分たちで、「一生治らない症状ですね」って言ってるくらいなんで、お医者さんのカバー範囲では、治せない。から、治せる知識のあるところに行ってるんです。

別に、僕が言いたいことは、”整体すげー、お医者さんすごくない”って、言ってるわけじゃなくて、まあ、世の中の人は、すべて、空気よんで、自分の役割を演じてるわけなんですよ。

話が、ちょっと脱線しましたが・・。太ももの外側のお肌の神経がピリピリチクチクしてる症状・・・・ようするに、大腿外側皮神経痛ってことですね。

あたりまえですけど治ります。とっととバランス体操をフル活用してくださいね!。

1回、前回は、体操していただいて頚椎症が治ったんですよね??。

それって、すごいことですよ。一般の世の中目線で言ったら、なかなか頚椎症を自分で治せる人はいませんよ!。

でもそれが、前回はできてるわけですから、もっと自信もっていいんですよ!。

あとは、ついでなんで言っときますけど頚椎ヘルニア、腰椎ヘルニア、すべり症など、ありとあらゆる痛みの症状がこの体操でなおってます。

基本的には、脳にリラックスをいれることが、共通したアプローチです。すでにお持ちのバランス体操の内容でカバーできてます。

「大腿外側皮神経痛とか聞いて、落ち込んでます。」とか言ってたら、鬼が笑いますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加