エビングハウス忘却曲線「人間は忘れる生き物」

ドイツの心理学者、記憶に関する実験的研究の先駆者。ヘルマン・エビングハウス。彼が発見した「忘却曲線」

彼の研究によれば、人間は学習後20分後には42%忘れ、1時間後には56%忘れ、1日後には74%忘れ、1週間後には77%忘れてしまいます。

要するにこういう事です↓


画像引用元記事

人の脳は1度学習したことを

1時間後には56%忘れます。

1日後には74%、

さらに1週間後には77%、

1カ月後には79%を忘れるという調査結果があります。

勉強したことを忘れないようにするためには「復習」する必要があります。

カナダのウォータールー大学の研究によると、効率よい復習方法は、復習のタイミングとして、1日後、1週間後、2週間後、1ヶ月後の4回です。

学習した後24時間以内に10分間復習をすると記憶が100%戻る。さらに、その後1週間以内に5分間の復習、1ヶ月以内に2~4分の復習で記憶が100%戻る。

なので、勉強したら、1時間後に復習、次の日にも復習、そして1ヶ月後にも復習する必要があります。

これで、ほぼほぼ100%ちかく学習したことを定着させられます。「復習」が必要不可欠となります。

感想としては、自分の興味関心のあるものは、すごく覚えておけるけど、興味のないものは、ぜんぜん覚えられないですよね。

外国語でもそうで、自分が興味、あるいは必要性がないとね。中学生で英語を覚えられないのは、自分の身に必要性が全然感じられないからですよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加