随意運動 不随意運動。小脳の虫部

小脳の虫部

小脳のさらに中心部の虫部というところは体の中心線(体幹)の平衡感覚を司っています。

画像引用元

さらに人間の運動は 随意運動 不随意運動 の二つの運動が共に働いて動作しています。

随意運動

目や耳、お肉の体で、あつめた情報は小脳に集められて、その情報が大脳皮質に入ります。

運動中枢を刺激して、運動の命令が脊髄を通って運動神経を介して筋肉に伝わります。簡単にいうと走ったりする運動のことです。

不随意運動

また、転びそうになったときなどは、感覚器からの信号が大脳皮質に伝わる前に、脳幹、小脳、脊髄などの原始的な脳の部分で反射的に動作がおこり、転ばないように姿勢が調節されます。無意識に体が動く運動なので不随意運動と呼びます。

この2つがバランスよく協調して動いて人間が姿勢を維持して動ける仕組みです。

感想をいただきました。

身体を傾けたあと必ず中心に戻って一旦中心を感じてひと呼吸するみたいなことを言われますよね。真ん中で一旦だらーんと止まるというか。その意味?がわかった気がします。私はどちらかと言えば傾ける方に意識が行ってました。

真ん中でひと休憩することの大切さに、気づいていただけたみたいで嬉しいです。優秀ですね!。

そうなんですー。グリグリたくさん、傾けたり、ねじったりするよりも、戻った中心ポイントで、ここが自分の快適な中心ポイントですよー。

って小脳に教えてあげるのが大事です。

小脳のど真ん中に虫部っていう、中心を感じる器官がわざわざあるので、そこが働いて、体を治してくれるのです!。

はい。なんとなくバランス体操とのイメージがスリ合わさってきませんか?



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加