アダムの創造と脳

creazione di adamo cervello

『アダムの創造』1511年ごろの作品

モチーフは『創世記』1:27の「神は自分のかたちに人を創造された。」という一節を表現。

指を合わせようとするモチーフは、聖歌の『御父の右手の指 (digitus paternae dexterae )』という一節から

神の後ろの人物像とその背景に描かれている布の表現が人間の脳に見える

神が描かれた部分は大脳表面の脳溝、さらに脳幹、前頭葉、頭蓋底動脈、脳下垂体、視交叉と一致するという説

緑の帯は、椎骨動脈 =vertebral artery にもマッチする。

また赤い布を子宮になぞらえる説も。マントの下部に垂れ下がる緑の帯は切断されたばかりのへその緒であるとする説もある。

テレ東の番組での説明

テレ東の番組での説明では、『ミケランジェロは、人間は神に魂を吹き込まれたわけじゃなく、脳によって動いているという、聖書を否定するメッセージの暗示を絵画にこっそり忍ばせた』

『聖書がすべての時代に、解剖学にもとづいた科学を支持した』とか言ってた。

藤田の見立て

けど、そんなわけないでしょ。

ミケランジェロは『創世記』1:27の「神は自分のかたちに人を創造された。」という一節を

一般人が読むときにみんなは外見的な”かたち”にとらわれているけど

「人間の内面、脳や子宮も、あるいみ神のかたち、神のデザインなんだよ。」というメッセージをこめたはず。

絵の構図には「解剖した人間の仕組みも知ってるんだぜ!」というドヤった気持ちも入ってる。

ミケランジェロのメッセージは、「人間の脳がこういう形なのは、『神は自分のかたちに人を創造された』からだ。」という聖書の趣旨をなぞるメッセージでしょ。

制作から500年たった現在でも、モチーフになった聖書の一節を何も知らない人にもわかるように描きながらも、人間の解剖的な知識を知ってる後世の人にも同時に聖書の『神は自分のかたちに人を創造された』という文言のつじつまが合うようにしてある。

時代を超えて見る人を楽しませる。すごい作品だと思いますね!。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加