ドラムの名前と特徴のあるドラマーの曲の聴き比べ

ドラムセットの名前について説明している動画を見て、どういう太鼓がセットされているのか、概要から知っていこうと思う。

今の所、わかったところは

太鼓系

メインで使う系 ズズタタ ズズタタ の音
スネア、バスドラム

味付けに使う系 ドルゥドルゥドルゥドルゥの音
ハイタム、ミッドタム、ロウタム(フロアタム)

金属系 パシャーン パシャーン の音
ハイハット、クラッシュシンバル、ライドシンバル

Alex Van Halen

Alex Van Halen – Drum Solo

ドラムといえば、アレックス・ヴァン・ヘイレンのドラムが特徴あるなー。と思って好きなんですよ。

ポン!ポン!みたいな高い音を使う印象がありますよね。セッティングが全部高めの音に調整されてる気がします。

Van Halen – Panama

本人(だけ演奏ビデオ)の映像がないので、カバーです。
Van Halen – Panama (Cinematic Drum Cover)

スネアの音が高いですよね。スネアの響き線とかは張ってないんでしょうか。パシャパシャした音はあんまし聞こえないですよね。

もちろんレコードでも(笑)

あ、スネア線って、ワンタッチでオン・オフできるんですね。今知りました。

他の方のパナマです。

やっぱり、スネアの音とバスドラムの音が高いですよね。

Van Halen: Panama Drum Cover By Jonny Fletch


https://www.sheetmusicdirect.com/se/ID_No/174468/Product.aspx

Jump

Jump (Van Halen), drum cover by a 14 year old girl

jamp も結構高めの音でスネアをポンポン鳴らしてますよね。カバーですけど、レコードでもこんな音ですよね。

Jump – Van Halen – Drum Cover By Domenic Nardone

他の方のジャンプです。


https://www.sheetmusicplus.com/title/jump-drums-digital-sheet-music/19478848

Dreams

うまいカバーバンドのドリームスです。


https://www.onlinedrummer.com/shop/dreams-van-halen-drum-sheet-music/

Guns Matt Sorum Steven Adler

ガンズのドラムの音も特徴ありますよね。

Matt Sorum

まずは、ガンズ90年代の音といえば、マット・ソーラムですよね。カバーですけど
Guns’N’Roses – You Could Be Mine – Matt Sorum Drum Cover by Edo Sala with Drum Charts

マット・ソーラムの音といえば、ドゥルトゥドルゥドルゥみたいな低くて、独特のリズム感の音が特徴です。

こちらのビデオは一緒に楽譜もついてるから、わかりやすいですね!詳しくはわかりませんが(笑)

今回このビデオを見てわかったんですけど、バスドラムとフロアタムを一緒に叩くから、低いドゥルトゥドルゥドルゥした感じがだせるんですね。

You could be mine のイントロとかが90年代ガンズの特徴が良く出ていますよね。

Steven Adler

で、80年代の名作デビューアルバムの頃のガンズといえば、スティーブンアドラーですよね。

スティーブンアドラーは本人映像のドラムカムが多いのでありがたいです!!

Steven Adler #drumcam – Nightrain

このボーカリストは80年代のアクセル・ローズの感じでてますね(笑)。

スティーブンアドラーの特徴はやっぱり、スネアの音が高くてコンコン!って響く音で入ってますよね。バスドラムも高めの設定に聞こえます。

高い音のスネアとカウベルをよく使うの特徴ですよね!

Steven Adler – Rocket Queen – Guns N’ Roses

スティーブンアドラーは、自分が演奏した当時のカラオケに合わせて、現在の本人がドラム叩いてくれてる映像がたくさんあるので、ファンとしては、めちゃめちゃありがたいですよね!

あなたの好きなドラムプレイヤーを教えてくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする