脳波について知りたいので”気”を体験してきた話

こんにちは~。藤田は、脳と脳波が大好きなんです。30歳くらいから好きなのかな?

でも、ちまたにあふれている。スピリチュアルな年配の人が書いたトンデモ謎理論があって、それには心をいためています。

ベータ波は、愚痴や不平や悪口を言ったときにでる悪の脳波で
シータ波は、感謝したときに出るよい善の脳波です。とかって書いてあって、まいちゃったよ。

↑のことを言ってる人のファンの人が、今回の企画に参加してないことを祈ります。

脳波って、脳波は1キロヘルツから30キロヘルツくらいまで計測されるんだけど、

たとえるなら、車のスピードメータみたいなもんで、時速1キロから30キロのスピードみたいなもんです。

ただただ用途にあわせてスピードが変化してるだけなのに。早いベータはわるくて、シータとかデルタの遅い脳波は清らかで清浄で美しいものとかって笑っちゃいますよね。

さてさて、話はまったくかわりまして、5年前。ちょっとしたきっかけで、【パーフェ◯トハー◯ニー】さんの【TD◯E】という”気”的なのを受けてビデオ撮らせてもらえるモニターをやりませんか?ってお誘いがありました。

それに、応募して、モニター?被験者になってきました。ようするに”気”系のスキルが身につきますよという商材を販売している会社です。

”ちょっと怪しい”(笑)感じなんですけど。この記事はこの上記の会社の商品をすすめるものではないですからね。ご承知ください。

そこで脳波をいろいろ計ってもらった体験談をシェアいたします。

そこで脳波とか脈拍とかを外部のNPOのおばさまが計ってくれてたんですけど、そこで余談、雑談、機械のテストでいろいろ計ってもらった体験がおもしろかったですね!。

機械をがっつりつけて計ってみると、簡単な計算、7たす7たす7たす・・みたいなことをしてるときは、すぐにベータ波が増えて、目をつぶって音楽聞いたりしてるときは、アルファ波がすぐに増える。って機械でわかるのが、面白かったですね!。

脳波がアルファ波にかわるのってそんないむずかしいことじゃないし、目をつぶったらすぐなんだな!って知れたのがすごくよかったですね!。

で、いま、見返してみたら、やっぱり、アルファ波って後頭葉ででるんですね。おばさまの機械でも、そういうふうに表示されてますね。

この催しに参加して、よかったな。って思うところは、

僕は、めちゃめちゃとんでもない鈍感マンで、なにも気とか感じる感受性がないんですよ。でへんに気ぃ使いしぃなんですよね。

僕みたいな鈍感マンでも、目をとじる、とか深呼吸するとか、体の動きに応じて、即座に、キチンと僕の脳も、脳波って反応してるんだぁー。って客観的に知れたことですね。

あとからわかったことですが、脳波を遅くするのは、『覚醒。安静。閉眼』の条件をみたせば、誰でもアルファ波状態になるということ。

ですので、今回のリラックス企画の人にも「目をとじるとアルファ波が出ていいんだよ」って、知識と体験からもすすめてあげることができますしね^^。

それで、おじさんが「いまから気をおくってます」って言われても、実感としては100パーわかんなかったんです。

でも、結果的に機械にはアルファ波が出ててよかったな!って思います。

おじさんが気を腸に送って、「脳波がアルファ波になって、リラックスしましたね!。」って言ってたのを、誰でもできるということですからね。

腸と脳がつながってるってよくいいますしね。あと緊張してるときは、お腹がてきめんにいたくなりますもんね。

主催者さんたちのためにも、自分たちのシナリオにマッチした結果になってくれないとダメだから、「そうならないとまずいなー。」とかって、気を使って余計に緊張しちゃったんだけど、

まあ、機械は主催者ごのみの結果でよかったよね。

おばさまも、「気のせいなのか、それとも時間のリラックスなのか?わかりませんがアルファ波が出てリラックスしてますね!」って言ってくれてナイスフォローですね(笑)。

おばさまと、このTDEの団体は、関係ないいところだから、「気のせい、気のおかげでリラックスした」って断定的にいわないとところが、気がきいてて科学ぽさをだしてますよね。

そのときの動画をご紹介しますね。これです。

次の記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする