おうし座&しし座流星群 方角はどっち?

今日、11月17日は、しし座流星群 おうし座流星群と、ビッグな流星群がダブルで共演します。

夜11時から翌朝の5時までは、星空を観測するには、とってもスペシャルな時間になりますよー。
large

しし座おうし座流星群の方角は?

方角は、東の空から南の方向へ、しし座流星群は移動していきます。

まずは東の方角を中心に空全体を観測してみましょう

ただそれよりも、いる場所の東向きに、大きなビルや、光る看板などがあると、見えなくなりますので

「一番、暗くて、見とおしがきくいい方角」を見て、くらさに目をならすことが重要ですね。

流星群の星空が観測できる時間帯は?

今夜見られる、おうし座+しし座“ダブル流星群”、運がよければ、このまえ、見られた火球クラスの大物も見られるかもしれません。

100年に一度の天体ショー

しし座流星群がやってきました。もっとも、たくさん流星がみられる時間帯の極大は明日(11/18)の午前7時と言われていますが、7時だと、空もだいぶ明るくなっていますので、やはり見頃は4時から5時でしょう。

starchart

「しし座流星群」が見ごろを迎え、今日からあすにかけての明け方が観測ピークです。また、すでにピークを過ぎていますが、「おうし座流星群」も見える可能性あります、「おうし座&しし座」のW流星群がやって来るのは、100年以上に一度と言われています。予測では、今夜は獅子座流星群からのながれ星が、1時間に10個ていどの流れ星が観測できるようですよ!

これくらい、じゃんじゃん、降ってくるようにみられることを期待しましょう。

写真は、2001年のしし座流星群です!

meteor5

気になる天気ですが、太平洋側の方が観測に適しているようですね。

クリスマスには一足早い、星空のイルミネーションですね。

今夜は暖かい格好をして流星を探してみてはいかがでしょうか?

一番よく見られる時間を調べました!おうし座&しし座流星群の一番みられる時間帯は、午前4時、その訳はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。