EEG脳波のまとめ

脳波(のうは、英: Electroencephalogram:EEG

人間の脳は神経細胞が集まってできており、その神経細胞は電気的な信号を発信して脳内の神経細胞と体のあらゆる場所との間を何百万もの微小な電流が流れることにより手足を動かし機能しています。

画像参照引用元

脳波はアルファ、ベータ、シータ、デルタといった波から構成されています。

脳波検査の実際

例えばアルファ波は「リラックスした時に出る波」と、言われていますが、正確には8~13Hzの周波数の波のことです。これは「安静、覚醒、閉眼」の三つの条件がそろった時に、おもに後頭部優位に持続してみられます。この波は目を開けた時に消失しますし、緊張していたり、眠かったりすると、見られなくなったり、持続が悪くなります。また眠っているときも、眠りの深さによって見られる波が違ってきます。

画像と引用の参照元

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする