ボーン・アイデンティティーThe Bourne Identity

『ボーン・アイデンティティー』『ボーン・スプレマシー』と『ボーン・アルティメイタム』がどれだけすばらしい映画だったか?懐かしんでみようと思います。

ボーン・アイデンティティーのいいところ

逆に言うと、ボーン・アイデンティティーってちょっとB級映画ですよね。ダグ・リーマン監督だし。すごく面白いB級映画って感じです。

敵のキャラだって、ちょっとケレン味ありすぎるでしょ。

殺し屋のコードネームがプロフェッサー(教授)とか、なんか中二病の人がつけそうだもん。

クライブ・オーウェンが演じてる時点で、ある程度強い殺し屋なんだな。って、ある程度わかっちゃいますよね・・

バトルシーンもボカーンって爆発してるし、かなりB級でしたね(笑)

あと、この人カステルも、ファッションセンスがB級映画まるだしでしょ。

戦い方も、いかにもB級映画のキックキックパンチみたいな感じだったし。最後、なんか、負けを悟ったら、窓から身投げしてましたよね。ああいう演出も、「殺し屋の鉄の掟はこわいんだぞー。」「まけたら自害せいよ」みたいな日本のVシネマみたいな、B級感でてましたね。

あとは、カーチェイスシーンでは、ちゃんと、紙の地図を見ながら、マニュアルを運転しているところ、などが、慣れない土地でも、すぐに、地図を見て、適応して、瞬時に判断して、最善の選択肢をえらべるという、頭の良さがわかるシーンが入っていましたね。

それなりの予算でコンパクトにまとまった、いい映画ですよね。

続編ボーン・スプレマシーの記事へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする