人間がつかってない筋肉。足底筋、長掌筋、耳介筋

人間がつかってない筋肉がいくつかあって、そのなかの3種類を紹介しますね。

足底筋

まずは足底筋という筋肉です。

足底筋の図

medical accurate illustration of the plantaris


足底筋

10%で欠如するが、欠如しても機能的に全く問題がない[1]。そのため同様の理由である長掌筋と同様筋移植の材料として利用される事がある

なくなっても困らない。いらないから、他の筋肉のかわりに移植するために使われる。ってのが、物悲しい筋肉ですね。

ちなみに、足の裏の『足底筋膜炎』と診断されるのは、足底筋腱でまたちがうものです。

足底筋を説明した動画

これくらいトレーニングしたら、足底筋も復活するかもしれません

長掌筋

長掌筋の図

medically accurate muscle illustration of the palmaris longus

なおこの筋肉は、しばしば欠如することがある(日本人で3〜5%、白人で15〜20%)

欠如していても障害を生じることはないため、靱帯の移植手術に使われることがある。 トミー・ジョン手術では、主に野球選手の断裂した肘関節の内側側副靭帯に本人の長掌筋の腱を移植する

ダルビッシュもトミージョン手術を受けましたね。

※右前腕(長掌筋)の腱を右肘に移植した。

※「自分は生まれ変わってもまたこの靱帯と一緒になりたいです」と長掌筋愛を語っていました。

長掌筋があるかないか確認する方法

耳介筋

耳介筋の図

medically accurate muscle illustration of the ear muscles

動物たちが耳をピクピク動かす筋肉。

動物は10種以上もの耳介筋を持っててるのでできる。

人間は、前と上、後ろに、耳介筋があるが、退化しているので(トレーニングしないと、ほぼ)動かせない。

英語では、Auricularis muscle

耳介筋をつかって、人工的な指を動かす。という実験動画

ほかにもおもしろい筋肉があれば、ご紹介します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする