たけしのみんなの家庭の医学3月24日。えごま油と血管年齢

3月24日のたけしのみんなの家庭の医学を見ました。最近は、油っちゅーか、脂質の話を取り上げる番組が多いですよね。人間の5代栄養素、と言われるのが、炭水化物 脂質、タンパク質、ビタミンとミネラルだよ。

その中の脂質を、『いい油をを取れよ。』って言うのが、最近の大きな流れですね。でもって、青魚に含まれているEPAちゅーの、αリノレン酸や中鎖脂肪酸っていうの、脂肪酸が、血管年齢を若返らせると、今話題ですね。

みんなの家庭の医学で畑の青魚、エゴマ

宮城県色麻町の、畑の青魚と言われる油を生産しているということで、、

前振りは、血圧脈波検査。東京の人は、10名中1人しか若い人がいないんですね(笑)。かなり、東京の人は、不健康ですね^^。で、たいして、色麻町の人は、49名中47名が血管年齢が若いって。なかでも血管年齢が30歳も若い人とかいてすごいですね。

シソ科の植物って、えごまって、青じそじゃないんですか?ずっと、エゴマって、シソだと思っていましたよ。ていうことは、大葉もシソじゃないの?厳密には??。

えごま油って、種が主役なんですね。葉っぱはシソみたいに、なんか使わないの?焼き肉巻いたりしないの?えごまの種は、40%が脂質なんだそう。。それって、アボカドと比べて多いのかな?

エゴマに含まれているαリノレン酸の量目安

エゴマ油のαリノレン酸、が体内に取り込まれると、EPAになるんですね。ていうか、エゴマって、ゴマ(胡麻)となにか関係あるの?ごま油とも、関連性あるのかな?

エゴマペースト300gでイワシ18匹分か。超すごいですね。えごま油。やばいっすね。林修の今でしょ講座で、えごま油が取り上げられて、スーパーとアマゾン・コムからえごま油が消えましたからね(笑)。こりゃ、またえごま油が入手しづらくなりますね^^。

日本人に推薦されているEPAの量は、1gで、0.39で色麻町の人は、標準値、推薦値の5倍も摂ってるって、取り過ぎでしょ?(笑)

αリノレン酸は、えごま油なら、スプーン一杯ってことでしたけど、サンマなら1匹なんですね、まあ、昔の人は、毎日サンマ食べてそうですもんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。