Splinter Cell: Blacklist スプリンターセルブラックリストのいい所

最近は、スプリンターセルブラックリストという5年前のゲームにはまってます。

Splinter Cell: Blacklist

Splinter Cell: Blacklistってのは、こんなゲームです。映画ぽい感じのスパイのゲームです。

1人称視点ではなくて、3人称視点で、キャラの動きが自分でみられるのがポイントです。ぼくはFPSはあんまり好きじゃなくて、TPSが好きです。

blacklistはテイクダウンがかっこいい

敵をやっつけるモーションで、遮蔽物に隠れて、影からひきずりこんでノックアウトする。っていう演出があるんですけど、それが、かっこよくて、お気に入りなんですよね。以下の動画をみていただければ、どういう感じなのか、わかるとおもうんですけど。

スモークやフラッシュバンといったギミックがあるので、それで目くらましをしてから、敵がクラクラしているところを、物陰から、バクー!っと飛びかかってノックアウトする。ってのが、決まると爽快です。

これは、別の記事で後述するkevin secours さんが、モーションキャプチャーしているので、ここまでリアルなテイクダウンシーンが再現できているんですよねー。

スプリンターセルシリーズの前回のConvictionでは、主人公のsam fisher はクラブマガの使い手という設定で、敵を倒すときは、殴...

convictionはぶん殴り系でかっこわるい

ちなみにこれは、2010年に発売された前作スプリンターセルコンビクションのテイクダウンなのですが、ぶっ叩く、蹴る。が中心でエレガントさがないですよね。

conviction は、作品の設定としては、主人公のサム・フィッシャーが”クラヴマガの使い手”っていう設定なんです。たしかに、クラヴマガって、殴るける、金的に蹴りをいれる!ってのがオーソドックスなスタイルです。

クラヴマガの発祥の地イスラエルでは、実戦的なのかもしれませんが、主人公感はない格闘技ですね。

やっぱり、ゲームの中ってのは、大人であっても中二病感のあるごっこ遊びの妄想を楽しむのがゲームの醍醐味なので、エレガントなテイクダウンを取り入れてほしいですよね。

Mark&Executions

前回のConviction から Splinter Cellの売りと言えば、このMark&Execution という、自動で、劇画調に切り替わり敵をかっこよく一掃してくれるモードです。かっこよさのみを追求した中二病の方へおすすめのモードです。

Splinter Cell Blacklist | First Gameplay Demo

CGの制作風景

スプリンターセルのCGの制作風景です。こんな風にして作られていくんですね。

Ubisoft’s Splinter Cell: Blacklist Series Part 1 – User Interface Design

Ubisoft’s Splinter Cell: Blacklist Series Part 2 – Animating Characters

Splinter Cell: Blacklist Animation reel – David Yoon

カナダのトロントであたらしく作られたUBIのスタジオで制作されました。

以前はモントリオールでした。

モーションキャプチャーの撮影風景

普通の一般人が撮影した、モーションキャプチャーの撮影風景


同じ撮影風景を、違う見学していた人が撮影したものです。

2012/09/13 に公開
The actors of the upcoming Splinter Cell Blacklight game act out of the scenes in front of a live studio audiences.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする