「痛気持ちいい」のはもっとやっていいことなのか?

「痛気持ちいい」のはもっとやっていいことなのか?

これも、気持ちいいの話に通じちゃいますが

勉強会で話したのは、どうしても、今までの日本人的な感覚で

ツボマッサージでもそうですけど、ギューって痛みの感覚があると、効いてる感があって「いい感覚!」

ってとらえがちなので、

いったん、痛気持ちいい=痛み である。ということで

その痛気持ちいい動きはしないようにしましょうというまとめになりました。

というお話をしたところ。ご質問いただきましたので、シェアいたしますね。

「痛い」は駄目、という先生が繰り返しおっしゃっている点について、自分は、「痛たたったっ!!」となるような場合は駄目だけど、「痛気持ちいい」はOKだと思って、体操をしていました。

昨日のメールを拝見して、とにかく少しでも痛かったら、その動きはやめてみましたが、

そうすると、10種類の動きの大半はできなくなりました。

「痛い時は体操しない」とか「痛い動きがしない」というのは、自分の状態が、先生の体操ができないほど悪いのか、と考えています。

でも先生は紹介してくださる、改善なさった方々の場合でも、初めは自分の現状より深刻だった方も多いし、薬をもらいに行く整形外科の先生も、自分は軽いほうだとおっしゃっています。

なにとぞご教示くださいますよう、お願い申し上げます。

はい、ご質問ありがとうございます。『イタ気持ちいい』 が 全部100%ダメってことでもないんですけど

その方の場合は、しばらくやめてみましょう。 ということにしました。

その方は、「右側の足がいたくて、右側に傾けると、右側の足がずーんとして痛気持ちいい」という事でした。その方からいただいたメールがこれです。

右足全体に強い座骨神経痛、両足指先にモートン病?のような痛みがあります。歩いても座っていても辛いです。

バランス体操の1の体操で体を右に倒すと、右足の座骨神経に刺激が入り、イタ気持ちいい感覚が強くあります。反対側は特に感じません。

ですので、藤田としては、これはなんとなく、右側の痛気持ちいいってのは、ただ痛みがましてるだけ?なのかな??って気もしないでもないですね。

こればっかりは、本人しかわからないんですよね。

言葉で判断するなら「もっとやりたい!」「もっとこの感覚をあじわっていたい!」みたいな感じがあれば、もっとやる。

なんですけど、

てっとりばやく確認するには

やったあとに、痛みが軽くなっているか?そうならもっとやるべき感覚なんですね。

やったあとに、痛みが強くなったり、わるくなってる感じがあるか?そうなら、やっちゃだめな感覚だったってことです。

トライエラーで確認ですね!!

なので、すこしづつやってみる・・。それで、よくなるのか?わるくなるのか?で確認してみてください。

イタ気持ちいいでやってみて、それで治れば、もっとやってよし。

イタ気持ちいいでやってみて、ちょっと悪化するようなら、それは中止

って感じですすめていただければと思います。

臨機応変に考えていただいて大丈夫です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする