お顔がリフトアップし肌の弾力と水分は3倍になります

加齢により成長ホルモン分泌量は著しく低下します、

成長ホルモンwiki

目安
思春期前期10歳 小5
思春期後期17歳 高2

40歳代では思春期のピーク時の半分、50歳以降はピーク時の4分の1程度にまで低下します。

これが、肌や皮膚の老化の原因です。


しかし

自律訓練法と自己催眠トレーニングをやっているときに、脳下垂体に働き成長ホルモン分泌されます。

成長ホルモンは美肌に関わっていることが知られています。

成長ホルモンは睡眠中に脳下垂体から分泌されます。

藤田の脳の参考記事

視床下部→脳下垂体→(突っ込んだ話をすると下垂体前葉)甲状腺→肝臓と信号がゆきわたり成長ホルモンが分泌され、

肝臓に働きかけからの IGF-1(insulin-like growth factors1:成長因子)の分泌を促します。

その IGF-1 が全身に働きかけています。

当然ながら肌の細胞にも働きかけてコラーゲンなどの生成を促進します。

ようするにうるおい成分、美肌成分が作られるということですね!。

成長ホルモンは、夜にIGF-1 を介して肌細胞の働きを高め、肌のダメージを回復させます。


画像引用元

※成長ホルモン =IGF-1(insulin-like growth factors1:インスリン様成長因子-1)ニアリーイコールほぼ同じ役割ソマトメジンC

花王の実験

2019年に、石鹸洗剤、化粧品メーカーの花王の自律訓練法の研究のプレスリリースがありました。実験自体は2016年のようです。

40-50代の女性で自律訓練法をやる人と、やらない人をわけてお肌のキメをチェックするというテストです。

概要

乾燥肌あるいは敏感肌を自覚している40-50代の閉経女性14名に、8週間毎日朝と夜の1日2回、自律訓練法実施してもらいました。

実施前と実施8週間後に肌計測および身体機能計測を行ない、実施前後の変化を、自律訓練を実施しない対照グループ12名と比較しました。

その結果、肌については、自律訓練法を実施したグループは対照グループと比較して、8週間後に

頬部の角層水分量が増加(図1左)、「皮膚弾力性」が増加傾向(図1右)であることを確認しました。

8週間後に、お肌の潤い。弾力、に明らかな違いが現れた!と言ってるわけですね。

角層水分量、ようするに角質、肌の表面ってことです。

お肌の水分潤いが2倍に!

お肌の弾力は3倍になった。という報告でした。

詳しい記事はこちら

https://www.kao.com/jp/corporate/news/rd/2019/20190208-002/

成長ホルモン分泌が増えると

アメリカのヒト成長ホルモン HGH 注射療法のビフォーアフターのイメージです(笑)だそうです。

これは、大げさかもしれませんが、僕たちは高いお金はらって、注射する必要はないですね。1分で出せるわけですから!

自律訓練法や自己催眠トレーニングによって

ヒト成長ホルモン(hGH)とIGF-1のレベルをあげると

・免疫能力の増加
・感染症罹患率の減少
・性的能力の強化
・視力の向上
・聴力の向上
・記憶力の向上
・心臓が血液を送り出す量の増加
・運動能力の上昇
・筋肉量の8.8%の上昇
・体脂肪率の14.4%の減少
・肌のシワの減少、キメが細やかに若返ります
・骨密度の向上

などが期待できます!。

英: human growth hormone

顔がリフトアップする暗示文

顔がリフトアップします
弾力がまして肌のハリが出る
リンパがながれる
顔がすっきりします

https://mario.pink/wp-content/lift-up.mp3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする