自己催眠チャレンジ:身長(足だけ)を再度伸ばす

18歳をすぎて、大人になると、身長ってもう伸びないと思いますよね。

でもですよ。仮に、スネとモモ、いわゆる足だけ身長が5cmか10cmのびたらいいと思いませんか?

ぼくは、身長168cmなんですけど、足だけのびて178cmになったらかっこいいな!って思います。

よく整体院などの治療で、施術後に身長がのびた!って言ってるのは

姿勢がよくなったから2cm変わった、椎間板のひとつひとつがのびたから全体で2cmかわった。みたいなやつですよね。それって、朝計ったり、夜計ったりすれば、そりゃちがうよね?(笑)。って思ってしまうんです。

しかも胴体がのびてるわけですからね。まあ、もとの身長に戻れてよかったね!ってことです。ありていに言えば。

しかし。

足の骨だけを伸ばせたら、かっこいいし。画期的だし、人類の歴史上だれもやったことのないチャレンジじゃないか!って思うんです。

でも、人間ってすごい力を秘めているので、脳のイメージの力を使ったら可能なんじゃないかな?って思います。

子供の身長がのびる仕組み

子供の身長がのびる仕組みをおさらいします。

子供はもともと骨端線という骨の先端ぶぶんが開いています。

→骨端線(こったんせん)

英語ではEpiphyseal です

https://en.wikipedia.org/wiki/Epiphyseal_plate

そこに成長する軟骨が入っております。

脳の脳下垂体の前部から成長ホルモンが出ます。脳下垂体については、こちらで説明しました。

脳幹(間脳&視床下部)の話。自律訓練法でアクセスしてるパート1
記事はこちら

脳下垂体前葉wikipedia

その成長ホルモンが肝臓にゆきわたり、肝臓でソマトメジンCという物質が作られます。

ソマトメジンCは、インスリン様成長因子1 IGF-1 と、同じものです。

そのソマトメジンCが骨髄にゆきわたり、成長軟骨帯で成長板という軟骨が生成されます。

そしてすこしずつ(と言っても1年で10cmとか伸びる子もいますよね。)伸びて、やがて固くなり、普通の骨になります。

これが成長期の子供の身長、骨がのびる仕組みです。

栄養素

子供のときに骨を伸ばすために摂ると良い栄養素

たんぱく質(アミノ酸)
亜鉛
カルシウム
炭水化物
カリウム
ビタミンB2、B6

ようするに、小魚!乳製品、大豆、野菜ですね。

ジャンプとランニングの違い

ちなみにですが、ねずみで実験したところ

ランニングで前に走ると、骨が長く伸びる。

ジャンプで上に飛ぶと、骨が太く頑丈になるという

重いものかついでスクワットをする時のような自重+負荷の静的な重力の加重よりも

走ってジャンプして着地!のような動的な瞬間的な負荷がかかる加重の方が骨の丈夫さを成長させるのに効率的

中京大学体育学部の実験結果があります。論文はこちら

これはバスケ部、バレー部の上に届こうと思ってジャンプしてると身長が伸びるのと同じ原理ではないでしょうか?

「高いところに届かないといけない!」というイメージで高くジャンプをしたり手を伸ばしたりしますからね。

このイメージ信号を脳におくることにより、下垂体前葉から成長ホルモンをださせることができるので、バスケ部の子は伸びやすいんですね。

身長を再度伸ばすチャレンジの概要

ようするに、骨端線をもう一度オープンすればいいわけです。あとはホルモンを出すのはそんなに難しいことじゃありません。

イメージングする内容はいかになります。

1:閉じていた骨端線が再び開いている

2:脳下垂体から成長ホルモンが出ている

3:肝臓でソマトメジンCが作られている

4:成長軟骨帯が増えている。

5:成長板が伸びている。

という感じで、チャレンジしていきたいと思います!!。

足を伸ばす、自己催眠イメージトレーニングの音声ファイルです。お使いください!

legs-get-longer.mp3

次は歯があたらしく生えてくる自己催眠トレーニングをやりましょう!

歯の自己催眠

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする