アップデートの秘密の体操

先日、宇宙は3次元、地球も3次元でできているということをこちらの記事で勉強しましたよね?

宇宙と地球は3軸でできている。

だから、人間も3次元の感覚がキャッチできるように”3”半規管をもっているんですよね。

2半規管じゃないし、4半規管でもないんです。こちらの記事で勉強しましたよね?

三半規管、体の回転加速度センサーの役割

ところでバランス体操って種類何種類あったか覚えてますか?これ、さすがにわすれてないですよね?

そうです。メインは3つなんです。バランス体操はこの3つだけでいいということでした。3半規管の”3”です

宇宙と地球の共通の3です。この図を見て復習してくださいね

ところで、こちらの記事で耳石器の体操も、2個見ましたよね?こちらの記事で勉強しましたよね?

新しい体操。前後の動きと、横の動き

けっこう、このクイズはほとんどの方がすぐに正解できましたよね?

クイズがすぐに分かった人は思い出せると思います。

あれ、クイズの内容ってどんなだったけなぁ~。って忘れちゃった人は、こちらで復習してくださいね

秘密の記事10個のクイズ

また耳石器も、いくつあるんでしたっけ?2個ですよね。それぞれ役目がたしかありましたよね?

忘れちゃった人はこちらで復習してくださいね

耳石器.卵形嚢(utricle) と球形嚢(saccule)

この図をみてください。耳石器にはそれぞれ担当がありましたよね?

そのときに、「なんか一個、一動作たりないなぁ~。」って思ったひとはいますか?そんなあなたはするどいですね!

それが、今回のアップデートの体操です。

もう、ここまで読んで、今回の体操が、どういう方向性、どういう運動、どういう趣旨の体操がわかった人いますか?

ここまでわかってバランス体操のアプローチをすると、あなたの体は「まじで!!」って驚くほど楽になりますよ!。

これに納得できると、第3の目がひらいちゃいますよ!。

やり方

鉛直を感じるトレーニングをする

鉛直とは、地球の地面に対しての重力の垂直

第一部

視覚での重力を感じる練習

視覚入力を強調してます。

鉛直の感覚を視覚で掴む
まず、糸におもりをつるす。
紙にバッテンXを書く。その紙を床に置く
おもりをバッテンXの真ん中におく
目で見ながら、つるした糸を頭の高さまでもちあげる、
前後左右や上からおもりを見るようにして
バッテンXの真上の延長線上に重りをもちあげられてるかな?って確認する

目からの情報で”鉛直”を感じ取る練習

目からの入力をアップして1割から3割にしましょう!

第二部

前庭感覚入力の強化

バッテンXを書いた紙を、最初は足と足の間のちょっと手前の床に置く
何回か、視覚入力強化のおもりもちあげトレーニングをやって
だんだんと重りと糸を自分の体にちかづける。

お腹すれすれにちかづけていき
さいごは、お腹にピッタリくっつけて
自分の体の中心で、鉛直をとれるようにトレーニングする。

慣れてきたら、体のいろんな部分につけて、
そこのつけた部分を中心&頂点になるようにしてトレーニングする
たとえば、ひだりの股関節で、鉛直をとれるようにする

おへそで鉛直をとれるようにする

頭で鉛直をとれるようにするなど

そうすると、前庭入力の割合が増える。

前庭からの入力をアップして3割にしましょう。

体性感覚が3割になります!。

そうすると、それぞれが3割ずつ均等になって、
※3.3 割ってことですけど

体のバランス感覚が調和して、体の痛みがなくなりますよ!。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加