2017/11/27

肩こりがひどい時の対処法。ストレッチで治る

 

この記事を書いている人 - WRITER -

今日は、肩こりがひどい時の対処法を紹介します。たいがいの肩こりはストレッチで治るんですよね。

僕がいただいた、メールをご紹介します。

先生、あと一つ、すごい肩凝りと首コリで、もうずっとなので忘れてしまう位なのですが、

ここ一年位右手のお母さん指とお兄さん指がしびれて痛い位になり、さすったり手を上に上げたり下げたりして、

血を流しやすぐしようとしてみたりしたくなることがあって、それも先生なら何かわかりますか?

首のケイツイに問題があって、けん引していると言う知人がいう症状と似ていたので、

これも諦めていたのですが、もし楽になる体操あれば教えて下さい。

これも、よくなりますよ。今回は、肩こりのDVDに収録されている、体操をご紹介します。

肩こり解消ストレッチ

今日は肩こりに効果がある体操です。

【手の甲で合掌ストレッチ体操】

手首をかえして、逆に合掌するようにします。チカラが集まるポイントが高くなります

自分ののあたりに胸や腕の筋肉が集まってくるように、意識をぐーーっと寄せ集めましょう。

o0640048010336830366

肘の部分を自分の顔の前で合わせようにします。胸の筋肉を引き締めてください。手首同士を押し付けないでくださいね。

背中をまるめます。胸の筋肉が緊張して、背中が丸まるようにします。

胸にストレッチをかけてゆるめる事により、猫背にも効きますね。

o0640048010336830367

この体操をすると、首の骨(頚椎)の、上から数えて7番目のまわりが柔らかくなります。

首と背中の境目で一番ボコっとでっぱっている骨の場所ですね。

この周りをリラックスさせることで、肩こりに効果があります。

80670

この7番目周辺の筋肉を和らげることによって、肩こりが緩和されます!

コツ

意識があつまった感じを実感したら、ふーーーっとゆっくり脱力します。

脱力しているあいだの呼吸で、”だんだんゆるゆる”と筋肉が緩んでいきます。

以前ご紹介した、手のひら合掌バージョン体操は、ゆるめる筋肉は大胸筋のまわりの筋肉です。

今日の体操の手の甲合掌だと、もうちょっと大胸筋のさらに下にある小胸筋のあたりの胸筋肉にストレッチがかかります。

どちらも、僧帽筋や菱形筋が楽になります

o0440042610221617745

良くなったら、ご報告してくださいね。よろしくお願いします。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© fujitamario.com , 2017 All Rights Reserved.