Guns Matt Sorum Steven Adlerマット・ソーラム/スティーブンアドラー

ガンズのドラムの音も特徴ありますよね。

Matt Sorum

まずは、ガンズ90年代の音といえば、マット・ソーラムですよね。
You Could Be Mine – Matt Sorum


マット・ソーラムの音といえば、ドゥルトゥドルゥドルゥみたいな低くて、独特のリズム感の音が特徴です。

こちらのビデオはカバーですけど
Guns’N’Roses – You Could Be Mine – Matt Sorum Drum Cover by Edo Sala with Drum Charts


一緒に楽譜もついてるから、わかりやすいですね!詳しくはわかりませんが(笑)

今回このビデオを見てわかったんですけど、バスドラムとフロアタムを一緒に叩くから、低いドゥルトゥドルゥドルゥした感じがだせるんですね。

You could be mine のイントロとかが90年代ガンズの特徴が良く出ていますよね。

Steven Adler

で、80年代の名作デビューアルバムの頃のガンズといえば、スティーブンアドラーですよね。

スティーブンアドラーは本人映像のドラムカムが多いのでありがたいです!!

Steven Adler #drumcam – Nightrain

このボーカリストは80年代のアクセル・ローズの感じでてますね(笑)。

スティーブンアドラーの特徴はやっぱり、スネアの音が高くてコンコン!って響く音で入ってますよね。バスドラムも高めの設定に聞こえます。

高い音のスネアとカウベルをよく使うの特徴ですよね!

Steven Adler – Rocket Queen – Guns N’ Roses

スティーブンアドラーは、自分が演奏した当時のカラオケに合わせて、現在の本人がドラム叩いてくれてる映像がたくさんあるので、ファンとしては、めちゃめちゃありがたいですよね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする